和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

里帰り

 | ,  | 

昨日夕方長男一家が帰って着ました。

空港でレンタカーを借りての帰宅です。

最近は便利になりました。

IMG_1991

で、我が家は賑やかになりました。

大変に賑やかなんです。

俗に台風が来たようだ、なんてよく言いますが、よくぞたとえたものです。

だが、この台風は何度来ても歓迎される台風です。

孫二人。

なにをするのも音がある、甲高い声がある。

おさまりがつかなくなると、これに親の声が重なるわけで、そりゃぁ台風だ。

IMG_1994

この我が家、普段は大女将と我々夫婦の三人暮らし。

三人とも町内老人クラブに入る資格を有してる老人なんです。

実際に入会してるのは私一人ですが。

そこへ子鬼のような孫が、特に男の子は内部に10万馬力のエンジンを爆発させながら鳥取へ降り立ったのです。

すごいですよ。

動かないではおれない。

それで一番被害にあたのが飼い猫「もなか」です。

「もなかはどこいったの?」

「ねぇ、もなかをなでていい?」

一度にこれまでの屋根の下に人口が4人も増えたので、もなかは落ち着く場所がない。

IMG_1894

もなかは興奮状態で、居場所も無い。

結局渡り廊下へ連れていってやりましたが、ここは、もなかにとって、これまでとじこめられるときに使われた場所なんです。

IMG_1901

猫もふてるわなぁ。

IMG_1997

ま、しかし、長男も忙しい。

かっての中学のころの連中と飲まなならん。

帰って来たのは朝の3時ごろかな。

さらに今日は岡山の友人に会いに昼頃出かけた。

IMG_2008

まあ、こんなときが華なんでしょう。

思ったんですが、普段は静かな我が家ですが、子鬼が台風を呼んで、そんな散らかり放題の、嵐のような様子ですが、だから、こんな中からこそ次の新しいものが生まれて来るのでしょう。

まだ形の定まらない幼い混沌さです。エネルギーです。

無邪気な子鬼は普段料理など作らないひいばあさんに、そう、大女将に料理も作らせました。

小さな体に魔法の力を持ってる。

IMG_1987

この暑い盛りでも子鬼は元気ですよ。

あ、そうだ、私は明日の日曜日に朝7時から町内の公園で一斉石拾いだ。

老人クラブに席をおいているのに、こんなことしなくちゃいけない。

若いもんはどうしたんだい。

ま、もっとも、これに出てくる町内の人はたいてい私より歳がうえだ。

私はまだまだ若いもんですで。

さて、ここでまた一句。

里帰り 外で出迎え ばばとじじ

暑いのに やはり青空 望んでる

今、静かです、この家は。

「もなか」も安心してエアコンのすずしさに寝てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください