和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

 新春の和菓子

 | ,  | 

                                                            

上生の菓子ですが、かなり長い間、正月といえば、

「これと、これ。」と定番化してました。

ところが今年は違う。

何ゆえか、いままでのままではいかん。

脳を歳とらしてはいかんぞ。

工夫、発展、創造が大切だ!

こう思ったのです。

これまでの「ウチのは地味なだが。」との女将の言葉に反発もしたかもしれません。脳が。

で、松竹梅。

 松。

まあ、これは定番に金箔を施しただけ。

たいしたことありませんよ。脳はまだしわが少ない。

金箔はすごいですよ。

なんにでもあっちゃう。

竹。

ここから変わってきたんです。しわが増えてきた。

鹿の子。

これまでより笹を小さくして、なんと紅い羽子板!

そして、金箔。

一般受けするデザインですよ。

けっこう派手!

梅。

初梅です。

うぐいすを乗せました。そしてまたもや金箔。

この梅はもともと完成度が高く、これに、どう、工夫をするのか?と、、、、やってみた。

こりゃあ、素人受けするで!と、思う。

おまけにもうひとつは、辰。

辰年です。

これには金箔やめました。

辰が金に負けたらいけんがな。とやめました。

あ、でも工夫があるんです。

白のぼかしですが、あとづけのぼかしです。

なんか、雲みたいにも見えるんです。

                             

まあ、どれもこれも、人によっては一口でぱくりと食べる人もあるんで、

そんな様子をみると作り手の職人としては、えらくがっかりしますわね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください