和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

終わった砂丘イリュージョン

 | , ,  | 

                            

                                                                                                     

11日、12日、土日です。砂丘イリュージョン。始まりです。

これは女将ともども月に一度の二連休(第二土曜日は定休日、日曜日はこれも定休日)ですのでなんとも‥‥。

いえ、張り切って出ました。

もともとJC(青年会議所)が面倒見てるイリュージョンですが、JC菌におかされている四代目が、「出てみんでや?」

この言葉が最初でした。

                                                                                              

去年の資料にてみれば初日は7,000人以上の来訪者。

遠い孫へ会いに行く旅費が稼げるかも、かも、かもだ!

こりゃいける!ん~、2,5%の購入者として、おしるこ○杯、みたらし団子△杯。

一杯200円として????円だ!!!

と、まあ、とらぬ狸の皮算用。とーころが?

人が来ない。風も強い。

「なんだ、こりゃ?」

二日目。

                                                                                                      

テレビの取材が初日にあって放送されたのか初日より人出は多い。

だが、温かいのか、売れない。

となりのJCのおでんもこの日は売れない。

私も、女将もよう食べた。おでんを‥。買って帰って夜も食べた。

                                                                                               

面白いのは、店舗補佐のたおちゃんがこさえた和菓子のクリスマス菓子。(数日前にブログ掲載)

これが女の人へけっこう人気。一箱800円で、これはこの催しの中では高価なもので、ふ~ん、そうなのか、と、やってみるもんです。

それでも帰りは10時にもなり大変なんです。

なのに、売り上げはぜーん、ぜん。

                                                                                              

当初予定していた餡は別なものに加工しました。二日目には。

で、さらに、なりゆきで、18日、19日にも販売しました。

何人かの知り合いにも会いました。

これって、もっと知り合いに会うものと思っていたのですが、極めて少なかったのはなんでだろう?

18日は、なんと雨。けっこうな雨。傘さして誰が見に来るか?と思うのだが思ったより来るんです。人は。おしるこ。みたらしは売れませんけど。

19日。人が多い。明日は休みではないのになんだよ、これは?

                                                                                             

すぐにおしるこの餡がなくなりそう。

取りに帰りました。

ところが、この日は渋滞。

大回りして帰り、冷凍庫から餡を出し、これってカチンカチン。マイナス20度ですよ。

これは溶けない。溶けない。

大きな鍋に湯を沸かし、これへ浸けてなんとか、でも時間はかかる。

まだ完全には溶けてないが行くと途中にに溶けるだろうと、急いで現場へ急行。

おしるこはまったく無くなっていました。みたらしだんごのみ販売してましたが、これって焼くのに時間がかかるのです。

女将はあせったと思います。

でも携帯に餡を「早く持って来い!」の言話無し。信頼されているのでしょうか?

まあ、到着後すぐに準備して売り出しです。

強い風。それでも人は多い。

                                                                                                 

店へ餡をとりに帰ったのが無駄にならずおしるこははじめて完売。

みたらしも残ったのは焼いて隣の楽しくもJC病の連中に配りました。

かくしてとりあえず我々夫婦の砂丘イリュージョンは終わったのでありました。

腰、その他ほうぼう痛いのですが、なんか、充実感。

猫のもなかはいつもはいる我々の不在にはかなりの不安を覚えたようで、荷物をかたずける我々の足音を追って右往左往のありようでした。

四代目は昨日も4時過ぎには砂丘へ出かけました。

見回りと馬の背のライトの発電機への燃料補給とのことで、これはやはりJC菌による顕著な症状だと思われます。

明日も、あさってもなにかカレンダーへイリュージョンの文字がおどっています。

いやはや強い菌です。どうもしんどくても楽しくなる症状らしく、これって中毒ですゎ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください