和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

近況です

 | , ,  | 

ありがたいことに、いや、寂しいことに、仕事が少し楽になった。だもんで、やっと「生もの」を作る気になって、作り始めました。

まずはこのことからです。

「木枯らし」ですよ。

鹿子です。

これを作った日に、醇風小学校の5,6年生が店へやって来ました。

社会学習というのでしょうか、ワシ弊店の歴史なんか話しちゃったんです。

同じ町内の子供もいたりして、ローカルですよ。

これは「落ち葉」です。

もう袋川の桜の葉もほとんど赤くなって散っている。今年のあの長く続いた35度の酷暑はどこに行ったのか?

しかし、落ち葉を見ると、その自然さにほっとする。

そしてこれは「寒椿」。

寒中に咲く椿です。椿とは春の木です。だから春に咲くんです。が、寒い時に咲く椿もあるわけですよ。

生ものを作れたら、これって、なんか責任を果たしたような、ほっとした気分があるんです。

手ばかりかかって儲からないけどなぁ。

そうそう、この間から弊店の「仁風閣」、羊羹ですよ。これを久松山麓に建つ白い洋館、「仁風閣」で販売しています。

ここは文化財なんで、儲けてはいけないそうで、ふ~~ん・・・ていうところがある。

弊店の商品「仁風閣」にとってはこれ以上の座りどこはないですよ。

作った私たちにとってはほんとにありがとうです。

65歳以上は入場無料だったと思う。

行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です