和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

おいり

 |  | 

                                                                                             

三が日が過ぎ、少し落ち着いた頃。雪おこしが鳴り、雪が降る寒い頃。

毎年「おいり」の製造が始まります。

40年ほど昔です。弊店の初代店主(祖父)のところへ四方山話をしにこられていた、その時には年取ったと感じていたお菓子屋さんが

「わしはもうえらいけぇ、おいりはやめようと思っとりますだが。」との言葉。

若かった私はこれを耳にして、私が作ってもいいでしょうか?と聞くと、

「ええですわいな。つくりなんせえな。」との言葉。

これが最初です。

このお菓子屋さんほどの年に私も、いまや、どうもなっているようで‥‥‥‥あぁ。

                                                                                           

一つのお菓子を作り続けるというのはどうもなかなか大変で、長い間には色々ありましたが、現在は「炒米おいり」と「ぽん米おいり」を作っています。

あられを県外から仕入製造していますが、高価な原料です。

炒米のものはオリジナルです。知り合いの原料製造所と共同で開発しました。

ところで「おいり」は鳥取の東部から中部にある特殊なものですが、手で丸めたものは東部特有のものです。

ひな祭りに使われますが、江戸時代からでしょうか、きちんとは解りません。

製法は「おこし」と同じで、おこし自体は900年ごろの文献(その頃の辞書である和妙抄)にも現れます。

この因州ではいつごろから作られたのでしょう。

                                                                                            

これは、はっきりとは解りません。

ただ、われわれの記憶では各家庭であまった、またおひつについたごはんを乾かし糒(ほしいい)を作り、これを炒って飴をからめ、おやつとして食べていたようです。

鳥取ではひなまつりの供え、のち食べます。

この地方では潤いを残す鳥取のお菓子となっています。

そう、県外に住んでいる人にはとても懐かしいお菓子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください