和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

お菓子

 |  | 

12月、今日は14日か、もう今年もわずかです。

昨日は同窓から複数の電話がありました。めったにないことです。

で、お菓子です。

こりゃぁ「サンタ帽」ですよ。

まぁ、仏教徒、あ、いゃ、日本教の我々ではありますが、やはりクリスマスはやって来ます。

子どもにはプレゼントが、親にはサンタクロース役を頑張らなくてはならない。でないと、子供から認められない。

「リース」だ。上用饅頭でクリスマスたぁ、なんのつもりだ?と落語の世界なら非難を受けそう。

だが、日本人は受容性の高い国民なのである。

和菓子で「クリスマス」を作るとお客様にはとても喜んでいただけるのです。

さらにお客様は神様なんですぞ。

しっかり喜んで頂かなければいけません。

これがその製造の様子です。

若者でないとその感覚は分からない。

私がこの時期作るのは「木枯らし」「落ち葉」とかの色気のないものばかりですって。

世代の違いなのでしょう。あ、いゃ、ジェネレーションギャップでいうやつでしょうかねぇ。

「木枯らし」なんて、この時期、日本の季節にぴったりの無常観があると思うんですがねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください