和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

料理菓子

 |  | 

                                                                                           

料理菓子なるものをご存知でしょうか?

五十年ほど以前でしょうか?

鳥取県東部から兵庫県北部にかけてお祝い、葬儀の時に使われたお菓子です。

最初は落雁、次は練りきりとなり、婚礼の時など三つ重ねといって

鯛、三つ菓子、料理菓子と豪華に祝ったものです。

弊店の初代が発案したと聞いてます。

じっさい、元祖料理菓子の看板を覚えています。

                                                                 

今月一日のこと。

お得意様のY家のお父さんと娘さんが来店。

この娘さんの婚礼のお菓子 もさせていただきました。

女の子が出来たのです。

で、初節句。お菓子のご注文です。

少し迷われましたが、結論は

「かわいい料理菓子のような、お菓子ができんかなぁ?」

と、若い娘さんの言葉。

む~んんんんんんんん?料理菓子?嬉しいが、でも、どう造る?

現代の料理菓子!

頭の中ではグワーッと血が、ヘモグロビンが駆け巡ります。うーー?、、、、ふん!よし!

「はい!わかりました。やってみましょう!で、いつまでに?」

「三日の朝赤飯と一緒に配りたいから‥‥。」おとうさんの弁。

いっひっひっひっひです。

「明日までですねぇ。」 と私。

お父さんは優しい笑顔で、気の毒そうに、その表情が「そうだよ。」といっている。                                                                                                                                                                

これ、大変ですよ。                   でも楽しいですよ。

出来たのが画像のものです。桐の箱に入れました。右の松竹梅は昔の鳥取の仏師が彫った木型を使ったもので、いい彫りです。

二日の夕方渡しました。

喜んでいただいたようです。

よかった!

                                                                                   

そして、季節は変わり春三月。

桜餅の季節になりました。

弊店も造りますです。たおちゃんが、、、、、。

「つくれるか?」

「はい、やります。」

てな具合。

                                     

                                                               

                                                                                             

若者は成長してます。

歳よりはおいぼれていきます。

でも、がんばろうぜ。          

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください