和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

春・桜

 | ,  | 

                                                                                           

日本中どこにいても春はきます。

誰にでもわけへだてなく春も、夏も、秋も冬も来るんです。

日本の四季。

これがさまざまな日本の文化を造ってきました。

和菓子なんか、あまりにも典型的です。

この三月、今までと違った桜の練切を造ってみたんです。

画像、上の青いのがそうなんです。

下の赤いのは昔から造っているもの。

で、新作はなんか魅力あるんです。

なんか大正時代の雰囲気。

懐かしさと新しさ。

でもね、これ売れんで、と言いながら、ふんふんふんと造ったのです。

                                                                                           

何でか解りますか?

食べ物は基本的に青とかの寒色はだめなんですよ。

おいしく感じられない。

でも、デザイン的にはいいと思うんですがね。

造れたの、なんか、幸せっぽく一人で喜んでいます。

お菓子はやはり暖色、健康的な赤、黄色、緑、さらに日本人の微妙さの若葉色。

そうですよ、さらに茜色、松寿、基本は万葉の色。日本人の感覚はすごいですよ。昔の日本人。

うん、そうなんです。

そうそう、ウチの長男の話。

昨日か、、、、ブログに載せました澤年彦さんがこの長男とフェースブックを始めたとのこと。

北アフリカのように革命を起こすのか???

弊店のブログもなにかちょっとづつ影響を与えているらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください