和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

正月の和菓子

 |  | 

くりまんじゅうとかカステラとか日持ちのする和菓子のストックをこさえているんですが、生ものの和菓子もそろそろ作っています。

梅ですねぇ。

去年から鶯と金箔をつけることにしました。

そんなの付けずとも完成度の高い形なんですが、一般の人にはもう一つピンとこないようです。

菓銘は「初梅」としてますが、「春告草」でもいいですねぇ。

かのこの竹です。

これも羽子板付けてます。

可愛くなけらにゃいかんとです。

「若笹」と付けたと思います。

これは松。

初春ですので「若松」とか「常盤」と名づけます。

常盤(ときわ)とは一年中常に変わらぬ松の緑の意味合いで、命の元気さとかをたたえるものです。

これで松竹梅がそろいます。

もちろん他の意匠もつくりますよ。

じょうようまんじゅうです。

「えくぼ」とか「福笑」とかの名前をつけます。

正月には笑って元気にすごそう、一年そのようにすごそうとの願いからですねぇ。

あと、鶴亀とかまだ作らなならん。

だが、体がゆうこときかんようになりつつあるんです。

歳ですなぁ。

連日すごい美人が買い物に来ればやる気になるかもしれない。

うん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください