和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

息子家族、特に孫たち

 |  | 

16日の日曜日、部屋でパソコンの画像をDVDへ移し(あ、そうそうマイクロソフトフォトエディターがちょっと画素数が多くなるとエラーとなるんです。これってブログへ載せる時小さくするのに困っているんです。)終わり、ゲームしてたら画面に息子の嫁の名前。「さ△子です。」とでてきました。うわぁ、ビデオチャットだと急いでそのカメラとマイクをとりに渡り廊下の雪を越え、螺旋階段を降り、工場へ取りに行き、また帰りはその逆の道筋で部屋へ帰り急いでセット。

まあ、その時はもう名前は消えてますです。

こちらから呼びかけるも、ウンともスウともで、またゲーム始めました。

と、今度は息子。「仕事しょうるだか?」との文字。

まぁた急いでケースからカメラなんかをとり出し繋ぐと、、、映ってる!息子たちが住む向こうの部屋が。

「おーい、ち○△(孫)やだぞー!」と大きな声で叫びました。

女将は飛んで(羽はないけどそんな感じ。)きました。私の椅子へ座るや

「あ!?さつきちゃんだ!おーいさつきちゃんが映っとるでー。」

と画面へ呼びかけます。

                                                                              

ちなみに、さつきちゃんというのは女将が孫へ贈った人形です。のちにこのさつきちゃんへ靴下と帽子を贈ることになります。

インターネットーを利用したものですから途中画面が止まったりするのですが、

「おーい、テーブルとソファアしか映っとらんで。」

これに対し声だけは伝わってくる息子の声で

「ええ?ほんとかいや?調子わるいな。ちょっとまってや!」

画面がかわり動き出すと

「ああ、映っとる、映っとるで!は△○くんが映っとるでー!」と女将。

                                                                                           

すると孫から

「とっとばあちゃん!とっとばあちゃん。(鳥取のおばあちゃんの意)」との長女の呼びかけ。

「あーーーぁあぁ。あーぁああぁ。」と長男の声。

おかみは画面に顔を寄せ

「ち○△ちゃん!おーいぃ、ち○△ちゃん!は△○くーーんっ。元気かへぇ!?」

向こうは慣れているのでカメラから離れて自由に話していますが、因幡ではまったく慣れてない。ちょうどマイクに近づかないと声が入らないといったように、因幡のばあさんはマイクでもない画面に顔を寄せて、大きな声で喋ろうとするのです。

                                                                                       

画面の中、小さくこちらが映るモニターにはいっぱいの女将の顔です。息子の家族のもとへは画面いっぱいの女将の顔が映っているわけで、しわなんかもきっと映っているわけで、孫たちは夜ともなるとうなされるんじゃないかと、よけいな心配もするのです。

と、まあ、私、口は悪いですが、こんなことが、きっと幸せというもんじゃぁないかと思っています。

こんどは孫から、とっとばあちゃんの前にとっとじいちゃんと呼ばれたら、うん、さらにしあわせになります。

これ記していたら町内の会計役員のUさんが来店。今度の日曜日に監査してほしいとの言葉でした。

で、このブログ見てくださいとお願いしました。

「はい!いろいろ検索して‥‥」との言葉。

Uさん、ブログみたら「見たで!」と伝えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください