和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

ジオライナー②

 |  | 

6月8日(土)朝8:58に鳥取駅をジオライナーに乗って出発したんです。

それもいい天気でした。

とりあえず、先に、この日の最初から最後までの列車発着時刻をしらせます。

鳥取発    8:58

豊岡着   10:37

豊岡発   11:06

和田山着  11:37

和田山発  11:59

豊岡着   12:31

豊岡発   12:57

城之崎着  13:03

城之崎発  14:11

竹野着   14:22

竹野発   15:07

浜坂着   15:52

浜坂発   16:02

鳥取着   16:49

百円バスくるり鳥取駅発 17:30

十数分後に帰宅でした。

合計7列車に乗ったんですよ。

DSC_0025

ジオライナー二両編成の先頭車に乗ったんで行くその景色がよく分かる。

DSC_0026

ここは往路のときに、この天空の駅へ降りて眺めを楽しみたいものです。

左の半島の道路を行くと御崎と呼ばれる岬があるんです。

灯台もある。

途中春なれば桜の並木もある。

海の眺めが角度広くいいところです。

DSC_0028

さて、鎧を過ぎて香住です。

むかし、むかし、そのむかし、まだ独身のころでした。

この香住から鳥取まで歩きました。

八月の暑い日でした。

そうだその時の写真もあった。

あまるべ歩く昔

昔の餘部鉄橋ですよ。

このころ付き合っていた女の人と二人で歩きました。

今回同じ人とこの橋梁の上を列車で走っているわけです。

うん。

DSC_0030

けっこうトンネルがあります。

トンネルを抜けるとやはり山陰本線の、もうすぐ夏の緑のありようです。茂ってきています。

あ、いい忘れてた。

車内放送で餘部鉄橋にしても鎧の海にしてもスピード落として、説明があります。

山陰海岸ジオライナーですもん。

天気よし、眺めよし、です。

DSC_0031

車内は混んでいません。

よって、たくさんの人、乗って下さい。

いいもんですよ。ゴトン、ゴトンと列車の音は。

DSC_0032

いい眺め。

これは竹野の海岸かな。

DSC_0034

外を眺めていて飽きない。

DSC_0035

日本の風景って、田んぼと山、その麓の家々。

そして川。

基本的に変わりません。

でも、飽きない。かな。

DSC_0036

そして竹野駅へ着きました。

北前船の里だそうな。

これも帰りの楽しみだわなぁ。

DSC_0037

分かるだろうか、駅の窓にジオライナーが映ってる。

DSC_0042

ロータリー、ラッセル車もあるでよ。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です