和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

九州へ行ってきました㉓

 |  | 

さて門司港は最後の目的地です。後は鳥取へ帰るだけ。

ゆっくりすればいいのに朝早く目が覚める。一度5時に目が覚めて外を眺めようとすると、なんと、窓が露でいっぱいになってる。エアコンが効いているのに、なんでだろう。

この日新山口で12:53発の「スーパーおき4号」に乗って山陰本線を帰るつもりなのです。それに合わせてまず門司港駅は10時過ぎの電車で十分間に合うのです。

で、9時半ごろにホテルを出ました。

すると昔の門司駅を見ておきたいとの女将の希望。

そういえば「九州鉄道記念館」という標識が出てたのを思い出しました。たぶんそれだととぼとぼ歩いていきました。

現在の駅の近くなんですが、歩けば普段見ぬものを見ることが出来るものです。画像は窓の拭き掃除をしてるんじゃないかと思う。

さらには非常階段。なんかいいと思いません?

さらには、また、終点の線路があった。

と、なにやらここじゃない?てな建物が見えて来て、子供用に遊園地みたいな列車が止まってる。

これだこれだとこの時は思ってたんです。

だが、そうじゃなかった。このブログを書くのに調べてみると、この記念館は旧九州鉄道本社屋だとのこと。

で、旧門司駅は現在の「門司港駅」だそうな。

なぜに気づかなかったかって?改装中で外側は塀でおおわれていたんです。

インターネットで調べたかっこいい駅が目に入っていれば写真撮ってますよ。

まぁ、我々の下調べがされてないわけです。

ま、いいさ。神戸から門司までフェリーが出てるしねぇ。はは。

で、小倉まで快速電車です。これはすぐ着いちゃう。

「さくら546号」に乗り換えて新山口へ行くんですが、この「さくら」まで30分ほどあるんです。

30分というのは中途半端な時間で、どこか涼しいところで休むには短いし、暑いホームでは少し長すぎる。

結果はホームに上がりました。

新幹線を眺めていたんです。いやぁなかなかかっこいいです。独特なデザインです。昔最初にこの先頭車の形を見た時、ドナルドダックの口ばしを思い浮かべて驚いたものです。

もうここには来ることもないかな。どうなんかな。

11:03発「さくら546号」が入ってきました。これも新山口まですぐなんです。11:21には着いちゃう。

と、いうことは「スーパーおき4号」の発車が12:53だからごっついこと待ち合わせ時間があるんですよ。

あったらしい(新しい)ぞ、という感じの駅です。

昼食をどうするか?と、コンビニがあったんです。サンドイッチと飲み物を買ったんですが、なんと、くじが引けるとのこと。そして、チオビタドリンクが当たりました。このドリンクはカバンへ入れられて鳥取までは思わぬ旅をすることとなるんです。我々はコンビニで涼しい待合所を聞いて、そこで座ってました。時間はたっぷりあるのにです。

まぁ、要するに私にはエネルギーがなくなっていたんですよ。

どうですか?見慣れた車体ですぞ。これまで見てきたJR九州の列車に比べるとダサいが、だから安心してしまう。そんな山陰本線を走る特急「スーパーおき」です。

新山口から鳥取まで5時間以上走るのに、2両しか連結されてない。鳥取でよく見るたいてい2両の「スーパーまつかぜ」とおなじですよ。1両は指定席だから自由席は残り1両しかないわけで、少ないんじゃない?と感じたんです。

やはり混んできました。ところが人相は悪くない中年の男の人が6席くらいを先取りしているんですよ。大きな荷物を持って席を探しに来た人に、もう席が埋まってることを告げてるんです。仕方なしに大きな荷物の人はまたもと来た方へ去っていきました。しばらくしてやって来たのは高校生?大学生?のクラブの女の子たち。まるでお姫様かな。席を先に来たコーチらしき人がとってくれてるわけで。見ててなんか不快な印象を受けました。

たとえば任天堂のゲームを買うのに、電気店が開店前から一人だけ並んでいて、開店前に5人くらいそこに入って並んだら、その後ろに並んでいる人はきっと怒るに違いない。これと変わらんのじゃないかな。

まぁ、その中の一人が途中で子供だったか?年寄りだったか?に席を譲ったから、なんとなくほっとしたけども。

さて「スーパーおき」は軽快に、あ、いや、待ち合わせで少し遅れながら、東へ向かい走っていきました。

山陰本線はけっこう海が多いです。天気もいいし、これは気持ちいい。あ、冬の低く垂れこめた鉛色の厚い雲もやはりかっこいいですよ。

観光の売り物になるんじゃないかと思う。

旅立つときは梅雨が明けずに曇りだったものが、この数日いい天気です。

すると、どの駅だったか?見慣れた色の各停列車が止まってた。別名「たらこ列車」。なんかほっとします。山陰本線だで。

この駅はどこだったか?JR西日本の豪華列車「瑞風」のシール?が張ってあり、なんか周りも奇麗になってる。この列車6カ月後まで予約がはいってるとのこと。切符高いのにねぇ。金持ちがいるもんだ。

すれ違う列車は「たらこ」が多い。一列車ごと漫画なんぞを描くんじゃなく、大胆に色でデザインしたらどうなんかなぁ、と思う。

じきに倉吉。

妹から携帯にかかってきた。夜のごはんは作っといたほうがいいのか?とのこと。

そうなんです。大女将の世話をこの旅行中やってもらってる。店は4代目と店舗補佐たおちゃんに任せて出かけたわけです。みなさんには女将共々感謝しております。ありがとうございます。

そしてすぐに鳥取です。

帰ってきました。

一週間かけて距離にすると2,100キロほどでしょうか。

いやぁ、暑かった。どうも夏の旅は私には向いてない。そう思いました。

おわり。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です