和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

GW終わる

 | ,  | 

人によっては9連休というごっつい連休も終わりました。

いいですね、休みのある人は。と、思ったりするんです。老いてきたせいかな。

さて、この小さな和菓子屋にもその影響が波寄せて来ます。

神戸の妹たちが里帰りです。

でも、いまや神戸も「実家」となれば、、、これは、そこから巣立った神戸の息子たちがいるからです。

実家となれば、この田舎の実家の素には以前のようには永く滞在もできません。

それでも我が家にとっては年に数度の賑やかな夜となります。

酒買って、肴、料理もあそこのがええで、と、交渉して買って来ます。いや、配達してもらいます。

今回は「ここち」さんの料理で、家庭料理でつくりたて。大好評であくる日にはほとんど残ってなかった。

四代目夫婦も一緒に、飲んで、食事して、と、いつものパターンです。

こういうのをたぶん幸せの時というんじゃないでしょうか。

家族という縁ある人があつまって、気も置かずに飲んで、食べて、しゃべって‥‥‥。

私はいつも早くに部屋へ引き上げるんです。

だが、他の連中はここぞとばかりに、しゃべるわ、飲むわ!

さらに、飲むわ、しゃべるわ、いちどに大笑いするわ!大変。

寝ようとする私には、これはかなわん。

だが、今回は少々違ってた。

以前に100均で耳栓買ってたんです。これって、あの、低反発枕の素材とおなじものではないかと思うのですが、つまんでもすぐには返ってこない。

これを、両耳につっこんで、これで寝れるわいと、そば殻の枕へ頭をあずけたのです。

低反発というものの、だが、耳の穴にきちんと合わない。

さらにギッチリと穴へ入れ込んでも、まったく音が聞こえなくなるということにはならない。

こんなもんですよ、現実は。

でも、なにもしないよりはけっこういいですよ。

そんで、やっぱり耳栓を突き破り、一番聞こえるのが女将の高笑い。

かなり飲んでいたんでしょう。

妹はまだ風呂に入ってないのに、自分だけは風呂を終わり、さっさと風呂の栓を抜いてしまったりと、まあ、やってくれますわい。

あくる朝は枕へ顔をうずめて、頭が痛いとくずれていました。

一泊にて妹二人はまた神戸へ帰っていきましたが、毎回滞在中の朝は母親が朝食をこしらえてくれます。

で、一句。

里帰り 小さな母が 作る味

どうでしょう?こっちがいいかな?

母作る 田舎の朝の ハムエッグ

里帰り 朝食作る 母の音

里の朝 心尽くしの 母の味

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください