和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

徳島です3

 |  | 

二両編成の「うずしお」で徳島入りです。

ちょうど「スーパーいなば」のようです。

車内で聞こえる話し声が聞こえるのですが、どうも、我々と同じ目的で徳島へ行く人たちのようです。

IMG_5231

徳島の町、その前に吉野川があった。

どうも、こりゃぁ千代川よりもでっかいで。

これが徳島の平野を作ったのだろう。

鉄橋を渡ると徳島であった。なんてねぇ。

雪国ではなく、南国だと思ってた。

IMG_5233

が、空気が寒いんです。

天気はいいのに、はっきりと寒い。

すぐに昼食にしなければ講習会がはじまるんですよ。

で、駅のすぐ近くを歩くとラーメン屋があった。

そう、ラーメン屋なんだけど。徳島ラーメンと書いてあるんだけど、その写真入のメニューには「支那そば」とある。

チャーシューが三枚ほどと、シナチクがトッピングしてある。

店の前の調子の悪い発券機でそれの券を買うんですよ。

三人とも600円。安いです。

見かけると少しスープが濃いそうです。が違う。そんなことはない。しつこくはありませんでした。

細めん。細い麺なんて、めずらしい。

これがなにゆうとはなし、うまいんです。

ほんと。

食べながらスナックのママさん曰く、

「なんでだ?はらがっへっているけぇかいや?このラーメンがうまいんだけど。」と。

この旅行では、結果このとき食べた支那そばが一番のものでした。

で、すぐに講習。交換会とみっちりとしたお勉強でした。

IMG_5245

他の鳥取の連中は近くの居酒屋へ行くとのことながら、私はことわって宿へ向かいました。

少し散歩しながらですがね。

IMG_5246

鳥取よりはおおきな町です。

ほんと、人も車も多い。

だが去年何度か尋ねた広島ほどではない。

どこか田舎っぽさが感じられます。

そのぶんへんに肩をこらすこともありません。

IMG_5251

今回の会場も宿泊のホテルもすぐ近くの駅前です。

鍵も会場でもらってるから部屋へ直行でき楽です。

IMG_5257

このホテルが宿泊ホテル。

まぁ、鳥取でいえばニューオータニかワシントンですよ。

IMG_5259

これは伊予街道といったかな?

伊予と室戸をむすぶ道路でしょう。

車がにぎやかです。

鳥取とは違う。

IMG_5262

まぁ、あとはなんもない。

狭い部屋ですよ、定番の。

IMG_5261

10階でした。

眺めると大きな街です。

昔は蜂須賀さんでしたよ。25万石ほどだったと思う。

鳥取は30万石だのになぁ、なんで徳島のほうが大きいのか?

それは藍染とかの物産が豊かだったからなんですよねぇ。

実質50万石ほどだと地元の人が言っていました。

IMG_5263

このテレビが、なんと東芝製の、私の部屋のものと同じ製品でした。

IMG_5264

狭い風呂に入って一人で寝ました。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です