和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

岡山から鳥取へ

 |  | 

サンライズ瀬戸とサンライズ出雲は岡山で切り離します。「瀬戸」は高松へ、「出雲」は米子を通って出雲へといきます。米子を回って鳥取へ帰ると鳥取は昼頃かな。

岡山に6:27着で鳥取への列車は「スーパーいなば1号」で6:47発になります。その間20分。適当な待ち合わせかもしれない。

さすがに岡山といえども朝は早く人は少ない。やがて「いなば」の入線です。

乗り場の表示もあった。

「スーパーいなば」だで。えらくなじんだ黄色と青の色分け。そしてたった二両編成ですよ。ごっついローカル。スピードは出ますよ。鳥取まで二時間弱で走ります。

外は寒い。

中はあたたかい。

一両は指定席、もう一両は自由席で、われわれはめずらしく指定席なんですが、この車両に乗客は7人だったと思う。日曜日の朝からかな。実際途中ですれ違う「いなば」にはけっこう乗客が乗っていた。

何度も見ているはずの駅名であるが、「佐用」が「さよ」だと初めて知った。「さよう」だとずっと思っていたんです。

いつだったか、「佐用」から次の駅の「平福」まで歩いたことがあった。遠かった。

平福の道の駅で飲んだサッポロビールととんかつはうまかった。

この智頭急行の区間は「ジパングクラブ」の割引路線にはならない。この智頭急行は第三セクターってやつだけどちゃんと黒字を出してる。たいしたもんだで。

で、鳥取駅ですよ。着いちゃうんです。

百円バスに乗って家には9時過ぎだったかな。

ざっと24時間のとんぼ返りでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です