和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

居士(飛空からくり江戸おうらい・その九)

居士。

こじと読みますねぇ。

DSC_0038

おもえば「智光院但譽信榮居士」というのが祖父の戒名でありました。

DSC_0039

居士がついている。

父親も「清月院亮譽信明居士」とやはり居士がある。

DSC_0041

で、なんといっても超有名なのが「利休居士」ですよ。

DSC_0042

お茶の利休さんです。

秀吉と張り合った。

たいしたものですよ、わずか数ccのお茶で秀吉と張り合ったんです。

まぁ、その前提として信長のお茶の道具やらに権威をこめた力がありますが、陶器に石臼で引いた茶の葉と湯を入れてバシャバシャと泡立てることで、お茶をたてることによって、張り合った。

現在も伝わっているんです。

茶道です。

DSC_0043

命を懸けるその茶碗の中のわずかの緑のお茶。

青汁ではありませんが、いや、最初に青汁を全国に売り出した人は命かけていたのかもしれない。

DSC_0044

天下人の秀吉と白刃を踏む思いで渡り合い、結果大阪城も当時のものは無いし、聚楽第もない。

だが茶道は全国津々浦々に、いや、世界に残っているんです。

DSC_0043

どういうことでしょう?

まあ、現在では時代とともに変わったところもあると思うけどなぁ。

でもすごいですよ。

DSC_0045

刀や槍ではなく茶せんを細かく振って420年ですか?

あ、そうだ。居士だで。

DSC_0046

居士というのは学徳のある在家のものが仏道を修業して相当な域に達した場合に使われる敬称とのことらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です