和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

文庫本3

 |  | 

世の中で社会的地位というものがあります。

私自身若いとき、そんな地位の人は、んん、〇〇協会の会長とか、△△の社長とか、まぁ、偉いと思ってた。

だが、ぜんぜん違う。情けないほどに違う。

もちろん全部とはいわんでが、歳とってわかってきた。

人は、社会的な風聞とは違い自分で判断せねばいけません。

云っとくで。

さて「おいり」が始まっていて、新しいパートさんが「ブログ面白いです。」というので、

「いやぁ、今は加賀前田家のことをかいててなぁ、当時刑罰もすごいだが。□△○〆ж#でなぁ。」

と、はなしていたら、その残酷さに女将が

「そんな気持ちの悪いこといんさるな!」と吼えた。

どうする?

ブログに書く?

IMG_5035

いや、まぁ、たとえば、藩主というのは、その思いは法律そのものともいえるわけですよ。

利長は側室が浮気したので、その側室と側室の世話をしていた複数の奥女中というか、斬首よりも残酷に処断したんです。

さらに利常も愛する正室が、この正室はお江さんの、秀忠の娘で、三歳で嫁入りしたのかな、大切にしていたんです。

が、一緒に来た乳母が徳川の威勢をかさにきて結果的にこの正室を苦しめることになったんですが、これを知った利常は秘密裏にこの乳母のお豊を処分するんです。

これがすごいやりかた。

まぁ、作者もこのすごさになにか思ったのでしょう。作中にその幽霊を登場させます。

IMG_5019

そんな、いろいろで、そう、最初何を書こうとしてたのか?忘れました。

でも利常のいい面も載せるで。

三代目の利常が他の大名から教えられたことですが、いい言葉も作者は載せています。

DSC_0001

「老驥櫪に伏すも志は千里に在り 烈士暮年 荘心已まず」

「ろうきれきにふすもこころざしはせんりにあり れっしぼねんそうしんやまず」と読むそうです。

意味は老馬が厩に伏すも志は千里にあり 烈士齢をとってもその思いはやまない。

駿馬は老いて厩に伏したとて、志は千里のかなたを駆け巡る。ということでしょう。

おら、かっこいい!

DSC_0002

あなたありますか?こんな思いが、必死さが。

百万石のしんどさがわかりますか?

DSC_0003

ワシ、せいぜい仕事しながら前向きに倒れたいと、昔、言ったくらいかな?

今になれば、体が云うこと利かんで。

駿馬じゃないが、もう厩に伏してるで。

DSC_0005

テレビニュース、いま楽天の田中投手はヤンキースに移るのに161億円だと!

また金かいや。

かなわんなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です