和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

こわい話

 |  | 

毎日ではないものの、やっと朝の散歩をやっているんです。で、14日の朝は疲れてもいるし、賀露海岸に出て、歩くというより、まぁ、天気もいいし、であれば海の色も奇麗だろうと、出かけたんです。当然少しは砂浜を歩くつもりなんです。

IMG_9750 - コピー

で、賀露に着いて、まずは2キロ続く防波堤であるコンクリートの上を歩き、面白い波がありそうなところまで行ったんです。適当にシャッターを押していたんですが、どうも物足らない。

IMG_9759 - コピー

防波堤から下りて、砂の上へ、そこはテトラポットがたくさんあって砂に埋もれていたんです。女将はさらに西のほうへ歩っていって、波打ち際やらで、なにか眺めてる。

私はもっと近くで波を撮りたいと、砂に埋もれたテトラポットの近くに歩ったんです。

えッ?????。

右手に持っていたカメラがテトラポットのコンクリートに硬い音をたててぶつかったんです。

「あ、こわれた!」と思ったんです。

で、胃のあたりまで砂に埋もれ、目の前には先ほどのコンクリートのテトラポットがあるんです。

「えっ、なに!?、砂からでなぁいけんが。なんだいや?」とにかくその穴からもとの位置へのがれたんです。次にはオンであったカメラのスイッチを切って、さらにまたオンにして、と、ズームレンズが引っ込んで、また出てきたので。目の前の海に向けてシャッターを押しました。

液晶にはちゃんと写ってる。

「オゥ!こわれてないがな!」と、大安心でした。

IMG_9776

なんのことはない、砂に埋もれたテトラポットの、目に見えるのとは違い、下のほうは波に洗われて砂がなくなり、ちょうど落とし穴のようになってたんです。いやぁ、あとになって怖かった。

千代川の海に交わるあたりには、やはりテトラポットが砂に埋もれたところがあり、危ないから、そこへは入らないようにと、看板があって、その記憶はあったんです。

だから、その意味は、頭では知っていたんです。

だが、頭と実際は違うわけで、はまったんですよ。これが子供だったら、これは怖い。

ぶつかったカメラは、その部分は塗料が剥げていた。

IMG_9791

ま、なんでもが、一寸(3センチ程)先は闇だし、極楽だで。

今日の散歩前、靴にえらく砂が入ってたので、何度も繰り返し砂を払って履き直し出かけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です