和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

亀井茲矩にきらわれた

 |  | 

秋といえば何の秋でしょうか?

食欲?これはあたりまえ。読書?まあ、これもそれなりにあたりまえ。ではなんでしょうか?

それは、温泉の秋なんです。

手前勝手ですが、窓を開けて涼しい風が入ってくる温泉。こんな気持ちいいことはそうそうありません。

旧い話になりますが、そう十日ほどたちます。先月の26日(日)でした。

                                                                                                

      久しぶりに温泉だ!とばかりに、湖山池のほとり、レーク大樹にいきました。駐車場まで。いままでみたことないほどの車の数。

「こらぁ、多いで。やめよう。鹿野いこう。山紫苑に行こう。」

と、鹿野町へやって来ました。駐車場に車も少ない。受付で千円、二人分支払って、‥‥少しの間‥。おつりをくれない‥、レシートが一枚手渡されました。以前よく行ってた頃は一人400円だったのが、今は500円になっていたのです。

でも、4階の浴場は貸切状態で、窓を開けてあり、涼しい秋風とともに温泉を楽しみました。とても気持ちいいです。

帰りにいつも気に掛かっていたのですが、亀井茲矩の墓所と書かれた道標が左側に建っています。行ってみました。

                                                                                                 

 車をとめるところが無い。狭い道です。それでも本来道だが山へはいる道、誰も今通らんぞ、といったところへバックでとめました。石崖の草木がすぐそばへせまっています。ドアを開け、頭から出ると、なにかゾゾゾゾッといった頭に触れた感触。降りてから手をやるとイノコズチです。茎にしつこい種がならんでついているものです。せっかく洗った緑の黒髪に、、、ついたのです。それも、幼いときから通っている散髪屋さんから悪気も無く言われた「上の部分が薄くなってきたなぁ。」の部分にです。

ゲッ。。。。。。。。。いやあな気分です。でも一つ一つ種をとりました。髪が抜けないように心配しながら丁寧にとったのです。女将は笑って見ているばかり。

とりながら、画像にある坂を登ろうと鳥居にさしかかったときです。こんどは大きなくもの巣。顔、胸。ややややや!やめてよ。温泉はいったところだで!口には出さず思いました。

そして、もう、その上へ行く気はなくなりました。

鳥居という結界からはいることができなかったのです。                                                                                                        

これって、茲矩さんに来るなと嫌われているとしか考えられない。

あくる日かその次の日か、女将が言ってました。

「車のなかに蜘蛛が巣をはっとたで。でなぁ、蜘蛛が干からびとったわいな。」

茲矩蜘蛛というか、なにか怖いです。

いや、茲矩という人は石高はあまり多くはありませんが、とてもりっぱな人なんです。

昔本で読んだことがあるのです。でもひょっとして相性がよくないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください