和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

この時期の和菓子

 | , ,  | 

「おいり」はあらためて紹介するとして、上生の紹介です。

押し餡台です。

要するに上は練りきりの薄いもので、したは羊羹です。

梅をあしらってあります。

菓名はたとえば「梅一輪」「初梅」「春告草」とかつけます。

この羊羹は、抹茶入りですが、おいしいですよ。

思わず「おいしいわ」と言葉が出てしまう。

次は

練りきりです。

この形。

これ、たいしたものです。

これ以上この花自体はつつきようがない。

菓名は先の梅と同じです。

菓名も同じで水仙です。

普通は下の生地は緑なんて使いません。

茶色というか大地の色です。

でも、この薄い緑がなんか合うんですよ。

さらに葉は都合により画面にそって丸くデザイン化しました。

うぐいすもちです。

うまい。うまいです。

パートさんが、食べたくておいりを作りながら話題になります。

ただ、最近はなかなかいいうぐいす粉がないです。

で、黄な粉を混ぜて香りのよいものを作ってます。

そう、今日も電話を掛けてきて、まだうぐいすもちは作ってないか?とお客さんの声。

すぐに車で来られました。この路面の雪の中。

そうそう路面の雪といえば、そうです。

雪かきのショベルカーが来たんです。

パワーあふれます。

でも大きな雪の塊が残るんですよ。

面白いのはこのショベルカーの通る音を聞いて、普段はだーれも出てこない道路へたくさんの町民の姿。

雪の塊の除雪です。

なんか町内一斉清掃みたい。

やはり、雪国なんかなぁ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください