和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

展覧会へ行ってきた

 |  | 

今日は日曜日。弊店の休みなんです。で、今日しかない。と女将の弟の展覧会へ行ってきた。

場所は鳥取駅前の百貨店「大丸」です。

せっかくの休みなれば、早いとこ行っちゃおうと、午前中の出発でした。

市内循環百円バスで行こうと、二人して家を出たんです。

弊店の前を通り西へとぼとぼ歩って、すぐ近くの停留所へ向かってた。

ところが、なんだ?目の前の交差点をこのバスが駅方向へゆっくりと走って行った。

だったらええわい!歩って行ったるわい!と、決定。

あの毎日ペット犬と散歩していて県外へ引っ越したYさんの角の家を見ながら

「まだ売れてないだでなぁ。」

と、言いながら、大丸へ歩き出しました。

思わぬ散歩となったわけです。

降水確率は90%であれば私は傘を持参です。

ゆっくり歩くってのはいいですねぇ。いろいろ見える。スピードばかりじゃわからない。

百貨店の4階なんですが、エスカレーターで上がると、無印商品のエリアがあるんです。

で、百貨店に行くならと、商品券をたくさん持っていたんで、名刺入れと、靴下と、買いました。価格は商品券を持ち出すほどではないわなぁ。使ったけど。

さて、以前に比べれば画伯も歳とって、買いやすい穏やかな調子のものが並んでいます。

そういやぁ、隣のブースに千住明さんの、あの滝の絵が陳列されてた。

ふ~ん、、、と見た。

で、また少々買い物をして、次の画廊へ向かったのです。

次は集(つれ)ですよ。

サンロードを通るとそこの画廊でも日本画の展覧会をやっていた。

若桜街道へ出ると山陰合同銀行のホールでも油彩の展覧会をやっている。

いやぁ、鳥取も変わったで!

たいしたもんだ。

若桜橋にかかると、結構な人と停車中の車。

みんなスマホ見ているんです。どうも、また、ポケモンだで。

橋を渡り、その画廊の開き戸を開けたんです。

これは、掛けてあるその作品を一目見るなり、

「あぁ、これはうまいゎ~!」と言葉がでてしまいました。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください