和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

若桜の奥

 |  | 

道路が戸倉峠へ、さあ、登ろうかというころ、軽トラのストップランプが点りスピードを弱めたんです。

と、左にハンドル切った。

上り坂のセメントで出来た狭い林道ですよ。周りは杉の木だらけ。

ずっと登って、家はない。さらに登って、お?車が停まってる。

家も見えた。

一軒。

さらに一軒。

決してミサワホームとか、セキスイハウスなんかの建てようではない。

手作りの感じ。

急にセメント道路からはずれて土の道。

少しすべりながらその先の建物の手前、平地に停める。

と、家から出てきたその人は、「クラフト in 八頭」に姿のあったご夫婦の奥様でした。

なんと古い家を購入して、新しく、リニューアルしてるとのこと。

空気がきれいです。澄んだ大気に肺がきれいになるのをを感じちゃう。

床はもう貼ってある。壁も自分で塗ってるんだからたいしたもんだ。

(そうそう、ブログへ載せてもいいか聞かなかったので、目隠ししておきます。)

色々話した。

若い人に貸してもいいという。

お茶を提供して、来訪者が休めるような所にしてもいいじゃないかとか。

この鳥取にも色々な人がいるものです。

毎日これまであくせくしてきた私にはけっこう魅力的です。

でも、私の場合ずっとじっとはしてないだろうと思う。

人恋しくなるんじゃないかと思うんです。

やはり仲間がほしい。

そんな気がする。

まあ、べつにここに24時間居る必要もない。

弥生町の飲み屋へ行ってもいいわけだ。

でも、タクシーでここまで帰ったら料金高いで。

さらに国道から林道へははいってくれないと思う。

夕方、陽があたるとすすきが光ってた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください