和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

12日の散歩

 |  | 

朝遅くまで暗いです。

さらにこの季節雨の日が多い。

と、まあ、散歩する日も少なくなっているんです。

そりゃあ、歳のせいもあるけどなぁ。

この日は袋川土手を下って、湯所橋まで行き、相生町を通って帰ってこようというもの。

基本は30分の時間です。

有門橋のところで落ち葉が目に付いたんです。

もっと情緒ある岸辺になればと思います。

無理かな、金かかるし。

でもこの川は人工の川です。

鳥取藩初代藩主池田光仲が掘ったんです。

確か。

だったら、岸辺くらい安いもんだで。

土手沿いの相生町付近になると、色んな花が植えてある。

昆虫、鳥だけでなく、人間も花が好きらしい。

特に年取るとそうらしい。

世話をすること自体が好きなんだろう。

これ湯所橋ですが、鳩が休んでた。

ふだんからここに休んでるんだと思う。

雨かかりにくいもんな。

野生の鳩も暖かなところが好きなんです。

こんなんで歩くと、職人というのはだいたい愛想がないものですが、、散歩のときには誰だろうとすれ違う人には「おはようございます。」と抵抗なく言えることができるようになった。

わしも大人になったのかな。

歩ってる人は、たいていとしよりですが、女の人は

「おはようございます。」と答える。

男の人は

「おはようぉんす。」と答える。

これ、鳥取の人でないと発音やら、アクセントとか分からないと思う。

光の当たり具合で普段見るものも変わって見えることがある。

人の表情でもその人の気持ちの動きようによって変わる。

こんな短い散歩でも、家に近くなるとほっとする。

巣とはそんなものだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください