» 2014 » 5月のブログ記事

今日は、そう、船岡竹林公園の「クラフト in 八頭」の初日です。

どうだったんだろう?

暑かったと思うで、鳥取でも30度。

大分の日田市では35,6度だそうだ。

何なんだ、この温度。狂ってる。

さらに今日は弊店と道路挟んだところの小さな火伏神社の祭りが明日で、今日は前夜祭。

我が家は町内のこの班の班長ゆえ準備もせなならぬ。

写真も撮った。

これは明日でも、いや、明後日でも載せよう。忘れるかもしれん。

それよりもこれ。

‥‥‥?

なんでか画像が載ってこない。先日女将が撮った飛行からくりの画像だのに、いや、載せておかないと、いろいろ、困るんだな。

何度か試みるもちゃんとならない。

パソコンよくなったらまた載せる。

で、今日は久松山山麓の散歩。

‥‥‥‥?

あらら?

これもエラーが出てブログに載ってこない。

これじゃあ始まらんで。画像なし。

なんに呪われているのか?

なんかなぁ?

突然話は変わるが、今この鳥取付近で自動車専用道路が、またまた、作られているんです。

そりゃぁ便利ですよ。

だけどなぁ、山々の形を無視してまっすぐなセメントアスファルトを通すんですよ。

また突然。

中国地方各地でこれまでの最高温度で34,5度が記録されているとのこと。(NHKニュース)

暑かったで。

さて、もとの話、自動車専用道路です。

我々の美意識もそうだと思う。

文化といわれてるのもそうだと思うんです。

特に日本の場合、この国土が、風土がこさえたものではないかと思うんです。

山々があり、そこから川があり、だから平野がある。

その平野で米を造り人口を養っていた。

山中でも豊かですよ。

木の実、さらに狩猟も出来た。

平家の落人部落が方々にあるのがその証明だわなぁ。

通行料が無料でもなんか違和感があるんです。

なんかおかしい。

根っこのあたりを崩していっているような気がするんです。

日本の、そう、豊かさを踏みにじっているように思えるんです。

効率ばかりを追ってる。

少々早く走ってもどうなんか?救急車じゃなし、たいしたことないと思うんですがねぇ。

高架が多い。朽ちだしたらどうするのかな。

今、便利?コンビニエンスストアとは便利な店という意味ですよ。セブンイレブンが日本で始めて店をつくった。

その後、そう、鳥取ではセイコマート、ポプラ、ローソン、最近はファミリーマート。

でもなぁ、コンビニは便利ではあるが、ちょっと考えてほしいんですが、たとえばコンビニのような男が、また女がいたとして、そんな彼を、彼女を恋人に出来るか?

ワシはいやだで。

でもその便利さを表看板にして、おかしなことが、地方にとっては、どうもおかしなことが進んでいるような気がする。

‥‥‥‥‥‥

‥‥

なんか表題とはまったく違う。

画像がでるかなぁ?ためしてダメなら今日は終りだ。

いや、出ても終りにする。

‥‥‥‥?

ダメでした。

終り。

今日鳥取は暑かった。

まだ5月なのに、暑いです。

ええかげんにせぇよ、と言いたい。

いや、言ってみた。

なにもかわらん。

DSC_0020

ANA

これって、やっぱりかっこいいですよ。

滑走路の端、2キロ先からこちらへ最初は徐々に、が、すぐに、見るよりも早いスピードで迫って来るんです。

DSC_0021

目いっぱいの力を発揮して飛ぼうとしてる。

ジェットエンジンの推力はすごいですよ。

滑走路半分あたりでむ前輪を浮かしてる。

主翼も少ししなってるような印象を受ける。

これって200キロ/h以上のはずだで。

もう少しこちらの近いところで浮いてほしい。

「来た来た来たで。」とつぶやきながらシャッター押してるんだけど、少し遠い。

望遠が届かない。

迫力が感じられない。

DSC_0022

そんなワシのことかまわずやって来た。

主翼をしならせて浮いてきた。

「おぅ、浮いた、浮いた。来るで。」つぶやいてる。

DSC_0024

ほーら、ほら!

この場面。

これをガバッとアップで撮りたかったんですよ。

ワシの持ってる望遠では足りんゎ!

ええい、来い、来い!

DSC_0026

一つには機材が勝負ってとこがあるわなぁ。

馬力の少ない0戦より2,000馬力のグラマンF6Fやら、コルセアが優位に立つのと同じで、道具ってのは勝負を決める。

DSC_0028

こんな昔の詳しいぼやきなんかその場では頭にないんですよ。

「くそ!もっと望遠がないのか!足りんがな!もう。」と、そんな感覚だわなぁ。

DSC_0031

しかし個人の思いになんの暇も与えずにガーと来た。

DSC_0034

迫力!

迫る迫力!

DSC_0035

もう、頭の真上に来る。

初めての経験だで。

DSC_0036

とにかくシャッターを押す。

ズームを引くなんて余裕はない。

押す。

DSC_0038

そのままの体の形で、仰向けにのけぞってカメラを構えて一回でも多いシャッターを押そうとするも、間に合わん。

のけぞって、のけぞって、くそ!DSC_0040

ズームを引いた。

どんなのが映ってるのかそのときはわからん。

DSC_0041

もう体で撮ってる。

頭じゃないんです。

で、ここから体の向きを変える。

DSC_0042

ここからは峠を過ぎて、遠ざかる機影だわなぁ。

DSC_0043

ははは、画像を見ると、撮るのにけっこう必死の雰囲気が感じられるわなぁ。

DSC_0045

遠ざかるのも早い。

またその推力たるやまざまざと力を感じる。

DSC_0048

すぐに海、日本海のほうへ舵を切って高度を上げていきます。

DSC_0055

なんか、早いなぁ。

早すぎる。

DSC_0064

小さくなっていきました。

DSC_0075

ええなぁ。

飛空からくりの続きを載せるつもりであったんですが、ほら、「維新の会」と「たちあがれ日本」が分党とのそのニュースを読んでたら時間がなくなった。

これって、橋下、石原さんの言ってる事をよく読んで下さい。

さらに今テレビニュースで北朝鮮が拉致問題にまじめに?歩み寄った形で動き出したと言ってる。

安倍さん大変だよなぁ。

さらに最近の中国の出方には腹たつで。

ほんになぁ、中国から遠く離れた南シナ海なんかには常識っちゅうもんがないのか?と言いたいで。

あ、画像。

今日は久松山山麓のお堀付近を歩きました。

画像はとりあえず一枚。

仁風閣だで。

IMG_6240

暑くなってきましたねぇ。

夏が近いようです。

ときは平成二十六年薫風香らぬ因幡の五月の二十日過ぎ。

む?今日は西へ向かってからくりが飛ぶのではないかなとなにかが告げる。

よし!とばかりに顔を洗って外へ出た。

IMG_6220

9号線はすいすい走って、すぐに伏野へ着いちゃった。

IMG_6221

07:05が出発のじかんです。

はは、だが実際に離陸するのは07:10過ぎですよ。

時刻表に載せてあるのはターミナルビルの前を動き始める時刻なんです。

IMG_6223

だから、それでもいそいで砂の上を800メートルほど歩かなならん。

急ぐとけっこうきついかな。

片道1,600歩。

かって鳥取砂丘で訓練した鳥取連隊は足腰強かった。

私はその息子の世代であればそうは強くないんです。

IMG_6224

まぁ、それでも時間は余裕がるらわなぁ。

だが曇ってる。

予報では昼からでないと晴れない。

まぁ、曇りの日の灰色の機体もええで、と、なにかに動かされてる。

IMG_6225

浜昼顔の花ばかりが目に映るんですが、思ったより紫がかってると思う。

ところが少し歩くと紫が薄くなったり、濃くなったりのピンク色。

どうなってるのかようわからん。

IMG_6226

と、あらら?青空が、青空がでてきたで。

そりゃぁしっかりとした光があるほうが金属の機体には似つかわしい。

ええで、これは、と思ったんです。

DSC_0007

もちろん間に合ったんです。西の端。

吹流しは東の方向へ流れてた。

案の定からくりは西へ、こちらへ離陸してくるぞ。

さらに陽が、滑走路の一部ではあるが照らし出した。

これは、もう、やってきましたです。

チャンスは前髪をつかめ。ですよ。

DSC_0009

その前髪が滑走路の上をこちらへ方向を変えるためにゆっくりと東端に向かってる。

ほら、やっぱりこっちへ来るぞ。

DSC_0013

こちらへおもむろに機首を向けようと動いてる。

これ、2kmの距離があるんですよ。

音もあまり聞こえない。

風の音のほうが耳を覆う。

DSC_0016

で、ほら、こちらにしっかり向いて、少しの間停止した、ように思えた。

点灯したライトが三つか?見える。

さらにスロットルが開かれてる。どうも。

おもわず「おぅ、来るで、もうすぐだで。ほらエンジン上げたで。ほらほら、動き出した。」と言葉がでてくる。

DSC_0019動いてる。

エンジン全開で機体が震えてるのが感じられる。

つづく。

食事だ。早く食べんといけんだわぃ。

「飛行からくり」よりも「飛空からくり」のほうがぴったりする気がする。

だからこれからはANA東京便は「飛空からくり江戸おうらい乗合便」にします。

で、昨日の続きです。西側からの着陸です。

DSC_0043

あの、ほら、滑走路と車輪が触れたとたん、バシュッ!と白い煙がたつのを、やはり撮りたいんです。

このときはシャッター押してたところから滑走路が見える位置まで駆け上がると、もう飛空からくりは着地していた。

DSC_0047

画像をクリックしてくれたらわかるけど、空気が暖められて光が屈折し、ちょうど鏡に映ったように、機体が二重に写る。

肉眼ではよくわからないありようです。

DSC_0048

着陸態勢がおわり、ターミナルビルに向かうとき、これって乗客には、この自転車くらいのスピードに落としたときに、そう、えらく安堵の気持ちがおきるんですよ。

DSC_0055

だが、まだ私は当初の目的である離陸時にこちらへ向かってくるその迫力ある機影を撮ってないんです。

だから、この画像を撮った翌日07:05の江戸行き一便を撮りに行くことになるんです。

これは明日にでも載せることにします。

DSC_0015

話は変わる。まったく変わる。

DSC_0020

今日閉店してからの話です。

ロンドンから電話が掛かってきた。

ロンドンだで。

この因幡の小さな和菓子店にです。

電話代高いでなぁ。

DSC_0013

弊店の「因幡のくりまんじゅう」を送ってほしいとのことでした。

数日前に高校の同窓生に送ったばかりです。

このときは浅草橋へ。

そういえば三月だったかな、浅草の南、本所をさらに下ると深川の富岡八幡宮のすぐ近所、いや、これって、時代小説で読んでた町名ですよ。

江戸古地図を開けば載ってる。

その「門前仲町」のお店から「袋川桜土手どら」の注文があり、江戸時代に行ったみたいでほくそ笑んで喜んだことがあるんです。

DSC_0021

それが今日はロンドンだ。

で、振込み方法とか、ほら、鳥取銀行への振込み方法とかわからんがなぁ。

四代目がオランダに住む長男にメールで問い合わすこととなりました。

グローバルだで。

カレンダー

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ご案内

viagra