» 2015 » 7月のブログ記事

一昨日に餡を炊き、昨日には「因幡のくりまんじゅう」を焼いて、連日30度を超えるなかでですよ。

体力はマイナスにもなります。

今日はまた餡炊きです。

エアコンなんてまったく役にたたない、というか、エアコンがかわいそうです。

いまだに腰が痛くて、それでもブログです。

第二の目的地、大湊の暑い通りへ出たところです。

IMG_4049

49年前の、何かないかと、歩くんです。

当時泊まった宿は小さなもので、夕飯の時歳とったそこの主人が、なにか話してくれたりしたと思うのです。

さらにこの時が納豆との最初の出会いでありました。

よう食べんかった。

他の高校の、それも女の子のボート部も同じ宿だったので、風呂は我々はそのあとだった。

その女子は我々の女の子の概念を超えた体の大きさで、そのぶん、普通の大きさのマネージャーが可愛く見えたものでした。

今回泊まったホテルの6階からはすぐ近くに見えた海へ行く道がなかなかないんです。

暑いのに、また予定以上の歩きです。

IMG_4051

略図を持ちながらも、迷ってけっこう歩きました。

まぁ、この迷ったのが夜の居酒屋へ行くのには役に立ちましたが。

そう、迷わずに、すぐに行けました。

IMG_4052

ほらね、これが斗南藩の人々の上陸したところです。

いや、ここだけではないですよ。

岩手県にだってあるんです。

共通するのは、大変な苦労です。

寒さと飢えです。

かっての会津24万石の藩士そしてその家族が3万石に減らされて、この辺りに移住したわけです。

幕末に京都守護職になったのが、戊辰戦争に負けて、その結果がこれです。

保科正之を祖とする会津藩士といえば文武に真面目で義理堅いそんな藩です。

全く文武とは縁のない徳川の旗本とはちがう。

悲劇ですよ。

IMG_4054

大湊駅とホテルです。

こんなに近いのに、すぐの道がない。

しょうがないので、歩ってやるがなぁと、覚悟を決めて暑い中歩ったんです。

IMG_4055

で、やっと涼しいホテルに帰り。

さぁ、することがない。汗もかいたし、替えのシャツもあと一着だったはず。「洗濯したらええかもしれんでなぁ。」と言ったんです。

「洗濯はせんで!するんならあんたがしんさいよ。」

「ワシでも洗濯するわいな。洗濯せなぁいけんもんを出しんさいな。」

女将も疲れているんですよ、どうも。

袋に入れて一階へ降りて、受付で聞くと、洗濯の仕方を丁寧に教えてくれました。

ただ、乾燥までするわけで2時間半ほどかかるとのことでした。

と、そのうちに鳥取からの夫婦も到着となりました。

IMG_4056

で、暗くなったらいけないんで、すぐにタクシー頼んで、かってコースがあっただろう海へ見に行くことになり、洗濯物はホテルの受付へ、帰ったらしまい込みますんでと頼んで、5人で出かけたんです。

鳥取からはH夫妻、横浜からはKさん、そして我々夫婦です。

IMG_4063

むつ市の職員から聞いてた「海望館」へまず行きました。

出来て間がなくて、これはタクシーの運転手も知らなかったです。

そのコースがあったところが、今は自衛隊の管理地になっていて、それでも、ここに上がれば、その海は見えると手紙にあったんです。

ここを教えてもらっててよかったです。

現場というか、かって路線バスを降りて、自衛隊の水兵服を着た隊員から敬礼を受けて入った競技会場は現在はフェンスで道路とは仕切られ、木も植えられてほとんど海は見えませんでした。

IMG_4057

クルーの三人で、あのあたりだで、とか、いや、あっちだった、とか、49年は記憶に残るのには永すぎる。

IMG_4058

しかしこんなに近くに来たのは確かなわけで、よう来たもんです。

時間にしても、距離にしても、えらく遠いところでした。

IMG_4064

より近づきたいという気持ちか、それらしきあたりへまたタクシーを走らせるも、どうも、違うような。

IMG_4065

こんどはバックして海の近くへ降りました。

コースはこの画像のもっと奥ではないかと思うんです。

でもまぁ、ここまでくれば満足ですよ。

IMG_4066

漕ぎ手4人の内亡くなった1人を除き3人がかってのコースの近くにそろいました。

ホテルに帰ると、まだ洗濯が終わっていない。

乾燥機が回っているんです。

鳥取からのH夫妻に聞くとシャワーよりも居酒屋へ行こうとのことで、受付へ洗濯物を頼むと、籠へいれておくからとのことで、頭をさげて感謝いたしました。

これから居酒屋ですよ。

ホテルから紹介を受けてたんです。

地方の活性化を図っているとのことで積極的に紹介をされたんです。

そこへ先頭にたち、迷わずに案内したのは私です。

IMG_4081

なんせ鳥取から、横浜から、我々は函館からと、遠距離を来て、さらに49年前ののコースを探して、その夕方です。

みんな迷わず「とりあえずビール!」ですよ。

居酒屋もジョッキをよく冷やしたものへ注いでくれます。

IMG_4074

美味かったですよ。

下北半島の大湊らしい小さな、夫婦で営む居酒屋でした。

IMG_4085

こんなところで、いわばOB会なわけで、もうここではできないでしょうねぇ。

IMG_4100

楽しく、賑やかに、飲ませていただきました。

乗り物続きで頭はふわふわしてましたが、このビールはおいしかったです。

IMG_4091

結局奥様達のほうがビールには強かったようです。

蒸したてのじゃがいもに塩辛をつけて食べるんだと、サービスを受けました。

さらに値段も鳥取よりかなり安かった。

IMG_4079

一番乗ってたのは女将ではなかったでしょうか。

ホテルへ帰ると洗濯物がちゃんとなっていました。確か、そうだったと思う。

で、あくる日ははからずも皆が、同じ列車で大湊を離れることとなるんです。

暑いですねぇ。

今日の昼前鳥取へ来ていた孫たちが帰りました。

「特急スーパーはくと」でした。

改札口と階段をあいだに、お互いずっと手を振っていました。

さて、野辺地駅です。

IMG_4027

地元の食堂で昼食したるも大湊行列車発車にまだまだ時間がある。

駅の待合室ももう一つ風通しが悪い。

で、ホームに出ていてもいいかと人の良さそうな駅員に問うと、次の列車は八戸行ですから間違えないようにと心配そうに注意してくれた。

で、ホームの、これは立派な待合室で文庫本をひろげるんですが、冬の風雪を考えて、りっぱな待合室が作ってあるのだろうと思う。

IMG_4029

窓を開けたら、だんぜん風の通りがいい。

しばらくここでゆっくりと時間をつぶす。

田舎の駅というのはゆったりと気持ちがいいものですよ。

ほんとは昼寝したいが、このベンチでは無理だ。

そのうち、なんか、列車の気配。

IMG_4031

貨物の電車でした。

目の前をスピード出したままで過ぎていくんですが、なかなかかっこいいです。

人に媚びてないデザインで気持ちがいい。

IMG_4032

と、駅の待合室の客、高校生とかを相手にラーメンや、うどん、そばを作っていたかわいげな女性が、勤務が終わったらしく、ホーム側に出て、昼食を食べてた。

思うに鳥取でもなかなか勤め先がないが、ここでもそうだろうと思ったり、数少ない若い女性はきっと引く手もたくさんあるだろうと、思ったりして、私はどうも暇だった。

IMG_4033

青森から乗って来たあおい森鉄道の列車が到着。

IMG_4036

そろそろ我々の乗る快速「しもきた」も来るんじゃないかと、文庫本をしまう。

IMG_4037

誰もいなかったホームにも人が増えて来た。

この次の列車がJRの「しもきた」のはず。

IMG_4039

しばらく待つ。

影に居ればそれなりに涼しいんです。

IMG_4041

そら来た。

これに乗れば下北半島の終点、大湊駅まで行きます。

ざっと一時間で着きます。

IMG_4042

運転手が一人余分に乗っているようです。

鳥取の「智頭急行」と同じじゃないかと、JR線ではJRの職員が運転し、智頭急行線では智頭急行の運転士が運転するんです。

ここもJR線と「、あおい森鉄道」線があるわけで、そのたびに交代してるんじゃないかと、たぶん、そうですよ。

IMG_4043

この画像、どうなん?

補修用の車両か?と思うんですが、ダイハツのハイゼットの運転席というか車の前部だけが付いてる。

しかもきれいに塗装され直してあるんです。

IMG_4044

で、終点の大湊です。

地図では海ぎわを走っていますが、多く木々で両側はかこまれていたような、そんなだったと思うんですが、いや、違うかもしれない。

IMG_4045

ほらね、終点なんです。

よう来たもんだ。

本州の端っこの駅ですよ。

もう来ることはないと思うんです。

IMG_4046

これが駅。

49年まえの記憶はまったくない。

ホテルはこの駅と隣接していました。

午後二時過ぎで、チェックインは三時からなんですが、部屋へいれてくれました。

で、後の二組は午後五時でないとそろわないので、それまでになにをするか?

というか、他の連中がまさかここまで来るとは思わなかったので、旅行計画時点では、われわれだけでこの日、元競技会場へ行ってみるつもりだったのです。

だから余裕を取って早く着いたんです。

だがその後参加者が二組あるとなって、それがそろい終わるのが午後五時なんです。

IMG_4048

まず荷物を部屋へ置いて、近くを散策することにしました。

特に斗南藩の人々の上陸地点がすぐ近くなんで、これを見ておきたいと思ってたんです。

で、北海道からずっと晴天続きの大湊の空の下へ出たんです。

49年前、宿の近くへパン屋さんが開店したばかりで、毎日のように、サンドイッチを買いに行きました。

苺ジャムやらピーナッツバターをたっぷりと塗ってくれたんです。

美味しかった。

通りへ出てすぐにそれかな?と思ってすぐ近くのパン屋さんへはいりました、とりあえず、ソフトクリームを求めて入ったんです。

若い女性店員さんでした。

「このパン屋さんて創業はどれくらいですか?」

「さあ、わかりませんが、古いですよ。」

結局昔のサンドイッチのパン屋さんか、どうか、わかりません。

もう一つ、そのパン屋さんへサンドイッチ、すなわち惣菜パンだけでなく、弁当、総菜、で、ソフトクリームも売っていました。

これって消費人口が少ないのでしょう。

いろいろ扱わなくては成り立たないわけです。

その付近では大きなビルでした。

かなりな努力だと思ったんです。

つづく。

夏の和菓子です。

和菓子屋のブログだもんね。

お菓子載せないけんわい。

IMG_9729

「朝顔」です。

練切で作ったものです。

「夏の朝」という名前でも似合います。

IMG_9682

錦玉で作る流しものです。

「金魚すくい」なんて菓銘をつけます。

さらに今日作ったじょうようまんじゅうがあります。

IMG_9839

団扇ですよ。

「夏花火」なんて名前つけるんです。

さらに載せるのが遅くなりましたが、

IMG_9685

「二星」という菓銘です。

七夕の二つの星に題材を得たものです。

さて函館から青森県は下北半島のやはり終点の駅、大湊へ向かう7日目の旅です。

IMG_3936函館駅で切符の販売機で一人210円の切符を買いました。

この前日に函館駅で稚内→函館の乗車券をみせて途中下車しようとすると。

ちょっと待てとの指示で、聞けば一人210円を支払わなければならないとのこと。

IMG_3938

鳥取で手配した切符は簡単に稚内から大湊までで、これだと函館の手前の五稜郭を通って津軽へ行くこととなります。

IMG_3948

函館本線の函館はちょうど盲腸のようなところへあり、五稜郭から函館行の切符を買わなければ函館へは行けないのです。

IMG_3940

だから、函館から青森へ行こうとすると、また210円を支払わなければならないわけです。

IMG_3941

まぁ、鳥取の旅行社も気がつかなんだわけですよ。

で、現在はここも終着駅です。

以前は青函連絡船がつながっていたんでしょう。

IMG_3942

白鳥16号08:08発です。

青森、野辺地そして大湊が13:59着で、6時間ほどです。

昨日稚内で洗濯物と土産を鳥取へ送ったので少し軽くなったかばんで、女将の笑顔も軽くさわやかなようです。

ここ函館にはもう来ることもないでしょう。

昨日の札幌から函館までの北斗10号の混み方を嫌って、この朝は早めに駅へ行ったのですが、なんのことはない、まったく混んではいなかった。

もう一回はこだてラーメン食べておきたかった。

IMG_3943

さてさて、まずは青函トンネルでしょうねぇ。

女将はこれを渡りたかった。

関門トンネルは昔に歩って渡った経験があるんです。

座席の背もたれにトンネルのことが告知してありました。

このトンネル、57キロだったかな。ごっつい長いで。

IMG_3945

プロペラが付いてない飛行機なんぞまったく利用せず、船と列車でここまで来ました。

すでに3,000キロを超えているんです。

元気な、いや、けっこう足腰にきてる前期高齢者の旅です。

IMG_3946

いまだいい天気が続いています。

こういうのって実にありがたいですよ。

天気の話になると、普段の行いがいいからだとそのたびに女将は言うんですが、そうかなぁ?と思うんです。

IMG_3947

長い貨物列車も通ってた。

IMG_3950

あいかわらず北海道のPRは行き届いています。

IMG_3951

函館湾をぐるっと回り、海の向こうに函館山が見えます。

江差線です。これが津軽海峡線になりどんどん遠ざかっていくわけですが、新幹線が完成すると函館、五稜郭は通らないが、いいのかな。

小さな国土で、現在これだけ発達した交通機関だのに、まだこれからも、より早く早くと急ぎたいようです。どれだけ得になるのかと、そんな感じはあるんです。

IMG_3954

画像をクリックしてください。

インフォメーションは親切ですよ。

わかり易いです。

IMG_3955

そしてついに青函トンネルの表示もでてきた。

IMG_3956

細かく、ちゃんと知らせてくれるんです。

IMG_3957

で、トンネルだで。

鳥取から倉吉よりも長い距離のトンネルです。

とんでもない工事だったと思う。

IMG_3959

鹿野町の山紫苑へ温泉に行くときに、そのエレベーターではいつも嬉しそうなんですが、同じくこのトンネルもそうらしい。

IMG_3965

この旅行でいままでも、この日も、そして最終日も、何を一番買ったかというと、ペットのお茶ですよ。

一日2本ではおさまらず3本なんてのも当たり前。

ジュースでは後口が甘くてだめです。

IMG_3967

で、トンネルの出口のイラストも表示された。

太陽が当たるところへもうすぐです。

IMG_3969

外へ出ると、やはり青空。

そして、これって、新幹線の工事だで。

IMG_3970

なんなんだろうか、新幹線てのはこの線路でもそうですが、特有な雰囲気があります。

IMG_3971

セメントが目立つとか、第一雑草が目に入らない。

IMG_3972

と、これはJRの偉い人かな?

IMG_3977トンネルもでかい。

IMG_3978

津軽トンネルもある。

IMG_3979

このトンネルにはあまり興味がないようで寝ている。

IMG_3981

これがよく目にする新幹線の高架です。

津軽にも北海道にもこれが通るようになるんでしょうねぇ。

IMG_3982

水田です。

なんかこの津軽のほうが水田が似合うような気がするんです。

やはり建物は北海道と変わりないのに、まぁ、イメージだわなぁ。

IMG_3983

ふつうの電車は生活感があってほっとします。

IMG_3984

地図上では陸奥湾、津軽湾に沿うて走り、青森を目指すわけですが、さらに野辺地で乗り換えですが、この湾の周りには茂辺地、瀬辺地なんてのがあるんです。

要は端っこということでしょう。

むつ市大湊もこの湾の海沿いにあるわけです。

IMG_3985

この津軽半島と下北半島でかこまれた海沿いをぐるりと回るわけです。

IMG_3988

この表示はいいですよ、気に入りました。

IMG_3989

青森にも風雪を防ぐ塀が建っている。

IMG_3994

きっぷ入れも付いている。

最初なんなのかわからなかったが、そうかと分かり、切符を入れてみた。

取る人は無いと思うが、少々心配な感じではある。

IMG_3995

二時間ほどで青森です。

むこうに見えるのは「青い森鉄道」です。

鳥取の「智頭急行」と同じです。

IMG_3997

北海道から本州の駅へ降り立ったわけです。

49年前に女将も、そして私もここの駅には来たことがあるんです。

インターハイです。通過しただけですけども。

女将はバドミントン部、私はボート部でした。

同じ高校とはいえど、まったく見も知らぬ赤の他人でした。

IMG_3998

一寸先は闇といいますが???いや、一寸先は天国といいますが???49年の不思議さを感じます。

時間があったのでもう一度デッキに乗って、緑の額縁で写真を撮っておきました。

IMG_3999

決して立派な駅ではない。

どちらかというとローカル駅といった雰囲気でした。

IMG_4004

ここはねぶた祭ですよ、なんといっても。

ラッセラー、ラッセラーと飛び跳ねて踊るんですが、祭りは簡単な振りのほうがいいですねぇ。

誰もが参加できるしなぁ。

IMG_4009

簡単な振りはこりだすと奥が深いものですよ。

だから飽きない。

IMG_4010

「青い森鉄道」へ乗り換えです。

IMG_4011

新青森なんて駅があるからそちらへ賑やかさも移っていくんでしょうか。

IMG_4012ラッセラー、ラッセラーだで。

IMG_4005

だが外の風景は新しく大きい。

IMG_4007

フェリーも見える。

IMG_4008

こんな近代的な建物もあるんです。

IMG_4006

この青い森鉄道へ乗り換えです。

IMG_4015

雰囲気としては若桜鉄道に似ているかな。

ただし乗降客も多いし、第一1両編成ではないです。

車両も新しい。

IMG_4003

で、野辺地まで出発です。

IMG_4014

窓外に鳥取駅近くにもあるホテルの名前。

どこにもあるんかな、と思う。

IMG_4018

42分ほどで野辺地です。

49年前にもここで乗り換えたんです。

大湊での漕艇競技へ出場するためにやってきたんです。

当時列車の中で地元の年寄の話を耳にするもまったく意味がわからなかった。

今回はその漕いだ場所を見てみたいと思ったんです。

IMG_4019

だがその場所がとてもとてもわからない。

なんせ49年前ですよ。

で、考えたんです。

青森県ないしはむつ市の役場へ問い合わせたらどうだろうと。

で、むつ市へ秘書課があるかないか、市長も若いし、問い合わせの手紙を出したんです。

IMG_4020

それにもう一つ。

当時大湊へ一緒に行ったメンバーへもハガキを出したんです。

大湊へ集まって競技の場所を見て、その夜居酒屋でいっぱいやらないかと。

もちろん誰も来ないとは思ってた。

ところが二人が行くと返事が来たんです。

これは面白くなりました。

鳥取から1,500キロ離れたところで、大湊で会うんですよ。

IMG_4021

そしてむつ市からも地図入りの返事が来たのです。

さて着いたのが11:48で出発が12:57だからたっぷりとある。

ここで昼食もすます計画でありました。

数軒ありました。いや、数軒しかありませんでした。

でも雰囲気がいい。この食堂だと決めました。

IMG_4023

ごっつい期待に満ちた表情です。

ここの地域のラーメンには「ふ」がはいってる。

IMG_4024

焼きおにぎりも買ったんです。

これは女将には残念ながらニンニクが使われていて食べられずですが、私にはおいしかったです。

IMG_4026

青い森鉄道からJRに変わります。

はまなすベイライン大湊線に変わります。

エスカレーターは無かったが、画像の昇降機がありました。

つづく。

6か月ぶりかな、弊店和菓子教室です。

夏休みに入ってる。

夏休みだから暇だろうなんて、そうじゃないんです。

DSC_0007

色々と学校の行事があるらしい。

そんな今年の和菓子教室です。

7月25日と8月1日の二度に分けて行うこととなりました。

DSC_0013

題材ですが、工芸菓子とかで使われる「雲平」がまず一つ。

一般の人にはあまり聞かない雲平です。

粉糖と寒梅粉で作る簡単でやりだすとなかなか奥の深いものです。

DSC_0018

この日は参加が7名です。

和気あいあいと、無理のない適当な人数かもしれません。

DSC_0023

初めての母子が一組あります。

DSC_0025

常連さんの母子さんは、いや、これって、その娘さん達は小学校の頃からの付き合いですが、その六か月間ごとの成長の速さと言ったら驚いてしまいます。

子供だと思っていたものが、ぐんぐんと一人の女性に向かって成長してるんですねぇ。

生きている限りの現在の自然力の与えられた目標かな。

DSC_0026

これはみたらし団子を作ってる。

みたらしというのは御手洗いから来てるんです。

DSC_0027

以前一度作ったものですが、リクエストがあり再度のだんごです。

で、それだけではおもしろくないと、玄米粉を使ってもう一つの団子も作りました。

DSC_0032

で、想像力というのでしょうか?

芸術家の創造というのでしょうか?

DSC_0033

なかなか変わった団子の登場です。

DSC_0036

どう見ても餃子なんです。

それをホットプレートで焼こうとしてる。

餃子のタレがいるんじゃないかと思われる。

DSC_0037

さらにようしゃなく登場したのが「静岡風おでん風だみたらしだんご」ですよ。

DSC_0038

一方真面目組は餡団子ももくもくとこさえてる。

DSC_0040

ホットプレートを二枚用意してたら、なんでか餃子風団子に焼き目がつかない。

ブレーカーが落ちてたんです。

いずれにしても、みなさん幸せにことが終わりました。

DSC_0045

めでたし、めでたしですよ。

みたらし団子は自分でいうのはなんですが、非常にうまいですよ。

準講師のたおちゃんが一個も食べられんかったと、文句を言っていました。

カレンダー

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ご案内

viagra