どんどん寒くなってきました。

今週の初めだったか雪おこしも鳴りました。

光ってすぐにバーンと大きな雷が鳴った時、飼い猫の「もなか」はベッドの上に寝ていたのがびっくりして飛びはね、床へ落ちる様におりたものの、安全の場所を求めたのでしょう、扉の所へ行き、部屋から出るでもなしにその付近を居場所が無いようにきょろきょろしていました。

そして数日後、今日の朝は空をみると、どうも晴れだと思われ、賀露へ出かけたのです。

日ノ出はどんどん遅くなり、賀露海岸へ着いてもまだ朝日は顔をみせない。

だが、その海の色!

青空のもとで海の色は碧く、とてもきれいなものです。

それを期待して出向いたのですが、いやぁ、今日のその色はもっと魅力的でした。

やさしく穏やかで深みのある色彩でした。

「こんなのってカメラで撮っても色は出らへんで、絵描きが描いてもこんな色は出せれらへんわいゃ。」と言いながら車から降りました。

でもシャッターは押しましたよ。

DSC_0001

今日のブログは一枚だけです。

そのものの色は無理ながらも、普段と違うその感じはちょっと出ています。

大女将の骨粗しょう症の看病で数日鳥取へいた神戸の妹が帰ったのですが、もう一日こちらへ居ればよかったのにと思う。

そうすれば、この海を見ることができたわけです。

まだある。

空気が澄んでいたのでしょう。

「あ、大山が見える!」女将が叫びました。

なんと、西日本一の秀峰「大山」が見えたんです。

100キロくらい遠くの山です。

えらい得した感じです。

DSC_0033

画像をクリックしてくださいね。

左ちょっと上に見えます。冠雪の大山です。

朝日の中の東京便を見て帰ったのですが、予想もなく得したで、といった今日の朝でした。

DSC_0054

明日はどうだろうかな?

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年10月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ご案内