我々の生死というものは、我々自身の命すら、どうこう出来ない。

そんなことは昔からわかってるわい。と、思ってるんです。皆が。

だが、いざそうなったらどうなのか。

今月はじめに女将の父親が亡くなりました。95歳でした。俗にいう大往生といえるのでしょう。それでも女将の母親は折につけて涙します。

さらに昨日の深夜息子の義母が亡くなりました。我々夫婦とは同世代なんです。同級生です。

とてもなかのい夫婦なんです。その夫婦は。

だが、こうなってしまいました。

我々も、なんとも、どうにもできない。

和菓子屋にとって、この時期我々は葬儀にも行くことも出来ません。

今は冥福を祈るばかりです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ご案内

viagra