なんでか椿ってのは冬の花だと思ってた。だから、ちょっと昔は、寒椿は作っても春には作ってなかったんです。で、ちょっと季節が合わないが、しかし、まだ咲いてないしなぁ、と、まだ作ってもいいんじゃないか?と、自分を納得させて桜の前に作ってもいたんです。

だが、このたび季語を調べたら「椿」として春の季語にあるではないですか。なんだよ。作ってよかったんだと少しほっとした。

で、実際に今咲きだした。椿が。

でも、そのまえに店の前にあるナナカマドの画像です。

桜が目立ち、椿も目立ち、ナナカマドは目立たない。

だもんで、あえて載せる。

どうよ、緑が出てきた。

で、いよいよ椿です。

女将がもらった数種類の椿があるんです。

ピンクの椿、だで。これも、次の椿も画像をクリックしてほしい。何というのか、椿は椿で自らの姿をこしらえてるんで、見入ってしまいますって。

どうですか?

奇麗だで。

あ、ちょっと利口げに俳句を調べたんです。

「一つづ陽炎あげて落椿」    加藤霞村

「一つひとつ雪を窪めて落椿」  石垣青子

「一ツ落ちて二つ落ちたる椿哉」 正岡子規

これ新しいカメラで撮った画像です。まだ、これからですねぇ。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

Spam Protection by WP-SpamFree

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ご案内

viagra