和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

和菓子

 | , ,  | 

昨日、ほら、以前にこのブログに載せました。

中学、高校が同じ、才女のNさんに弊店の御菓子を購入していただきました。

お母さんの快気祝いとのことで、実家をバリアフリーにして、そのほかもリニューアルして、ところが、お母さんが自転車でこけた(転んだ)とのこと。

入院されてたとのことでした。

母親の体を心配してバリアフリーにしたのに、外でこけたとは、なんとも。

 

ご注文ありがとうございました。でも顔を見ることができなかった。残念。

今生の別れとなるかもしれないのに。(大げさ?)

また来店してください。

いや、御菓子買わなくていいですから。

IMG_4161

(画像をクリックしてください。大きくなります。)

さて、小さな和菓子屋のブログですから、商品を載せなくてはいけません。

なまものを主にして紹介しましょう。

DSC_0001

「里の秋」

見たとおりの柿です。

田舎の実家の庭に毎年実る柿を想像して作りました。

DSC_0037

「山茶花」です。

このはなは鳥取の花だったが、今は別な花に、あ、梨のはなになったのかな。

和菓子で作ると椿とよく似ているんですが、で、今回は葉のぎざぎざを強調してみたんです。

景色としてはおさまりは椿の葉が落ち着くんですがねぇ。

DSC_0073

これは千代川で渡り鳥を何度か見て、「雁がね」だ!と、秋らしくデザインしました。

どうかな?

DSC_0017

これは本物。

散歩の途中で拾ってきたもの。

女将が店の飾りにしています。

DSC_0034

「ちいばあちゃんゴマボーロ」です。

おっきいばあちゃん丸ボーロというのもあるんですが、

DSC_0036

このちいばあちゃんとは現在の大女将のことで、この製品を作ったころはさらに大大女将がいたわけで、大大女将はおっきいばあちゃんとなるわけです。

これさくさくとおいしいですよ。

DSC_0026

これが本物のちいばあちゃんですよ。

そう、寒くなってまいりました。

数少ないブログをご覧の皆様、風邪ひかないよう気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください