和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

たぶん金星

 |  | 

                                                                                              

 それまで壁のそばにあったベッドを窓際に移動したのです。

五月の連休のころだったでしょうか。

まず、風がベッドの上をとおるように。それまで壁しか見えなかったので、空が、雲が、見えるように。そんな気持ちが窓の下までベッドを動かせました。

その当初。ごろんと寝ると窓いっぱいに空が見えます。夜窓を開ければ風を感じることも出来ました。

”オゥ!これでいい。。”と満足でした。

7月27日の朝3時ごろのことです。

どうも体がゾワゾワするので、目が覚めました。すると、部屋がとても明るい。

一瞬,なんだ!?と思いましたが、ああ、月だ!月の光だとわかりました。ベッドのシーツにも半分コウコウとした光があたり白く光っていました。

南の空、光の来る方向を見ると、どうも満月。明るいはずです。

突然先ほど見ていた夢が浮かんできました。

狼男になって空を仰いで”ワオオオォォォォ~~と、吼えようとするのにうまく声が出ない。それで目覚めたのです。

どうも、寝ていて、ずっと体半分だけ満月の光に照らされていたために、半分だけ狼男になっていたようです。

それも歳ですから白い毛のようでした。銀狼、ウルフといった感じはまったくありませんでした。縦半分の姿の老いた白い狼でした。

                                                                                              

よく見える月のほかにも気が付いたものがあります。

早朝3時ごろ南の空へ一個の煌々とした星が見えます。(画像から見えますかどうか?クリックしてください。中央の小さな白い点がそれなのですが‥。)

どうもあのうわさの明けの明星です。とても明るい星です。

この星を飲み込んだ人がいます。

と、ここまで入力して読み返すとけっこう長い文章。あまり長いと読みづらいので明日へ‥‥

   ‥つづく‥‥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください