和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

胃カメラ、飲んだ

昨日のことですよ。飲んだのは。

ほら、だいたいが、一か月一度診療所へ通っているんです。血圧の関係です。

まぁ、なんもすることがないような病気でして、診察はすぐに終わり、処方箋もらって薬局に行き、薬をカバンに入れて帰ってくるのが一年前から始まったのです。

で、6月のそのとき主治医のS医師が「鳥取市から来てるでしょ?ほら、がん検診のあれ!しましょうよ。」と言葉があったんです。

あ、この医師は付き合いはないものの高校の時の一年先輩の娘さんで、ごっつい頭いいんです。

その言葉に、天気もいいし、「いいですよ。」と。ごく簡単に答えたのが昨日に続く始まりだったんです。

IMG_7498

日にちはすぐに来てしまうものですねぇ。

8月3日朝8:20に約束どおり待合室に行きました。

で、少し待つうちに、なんも始まらないので、日本海新聞を読んでたんです。

と、背の低い、あ、この白衣の医師が院長です。

顔を上げた時には私の前を通り過ぎていた。

医師でありながら、文筆家です。

ま、とにかく、その後音波での内蔵検査とか、検尿とか、鳥取市の検査をすすめたわけです。

IMG_7499

でもって、なんといってもクライマックスは胃カメラですよ。

まずはしびれ薬。あ、その前に胃の空気を無くす液体を飲んだ。

そして透明なゼリー状のしびれ薬です。

いろいろ説明受けながら看護師さんの持つやはり透明なスプーンから口へ、そう、ほうばるんです。飲んではいけない。

そのうち舌がしびれてきた。主要なのは喉だろうからと、顔を上に向けて薬が奥へ行くように仕向けたり、気を使いました。

時間が来たら看護師さんの合図で、飲み込むんです。味はよくないですよ。

IMG_7501

その後、レントゲン室へいきました。

ふむ、これはCTスキャナーかな?と思えるTOUSIBA(?)の器具が最初に目に入り、医者も大変だわいと、思ったりするんです。

医療器具は高いもんなぁ。製菓機械も高いけどその比ではないだろう。

で、まず普通のレントゲン。

肺の写真ですよ。昔よく撮った。

ここではS医師が自ら指図するんです。レントゲン技師はいない、どうもそうなんです?

IMG_7502

で、もって、いよいよ胃カメラですよ。

そのとりだされた蛇のような黒い、そうなぁ、なんといえばいいのか?わかるでしょ?

あ、これは鼻からの奴じゃない。口からの太い奴だ、と観念したんです。

IMG_7504

この蛇のようなものを口から入れられる。

かって、女将も、店舗補佐のたおちゃんも、この診療所で、たぶん同じものを胃へ入れられたんですよ。

まぁ、経験してる人も多いと思いますので、簡単に書きますと、えずくんです。

あったりまえの体の反応です。

オウエ!げぇ、ゴボ!□?>”*%&???!

そのたびに「あ、力を抜いて!楽にして!」とS医師は蛇を持ちながら、看護師はワシの背中をさすりながら、調子をこいているんです。

IMG_7506

とになぁ。そうできれば世話ぁないわい、と、思うんです。

ま、何とか終わって、癌はなし。でした。

「一年ごとに検診されれば安心ですけどねぇ。」とは、S医師の言葉でした。

できたら私がS医師の胃へ胃カメラを入れてやりたいと思った昨日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください