和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

良寛さん

 |  | 

G寺の掲示板がきっかけです。

「うらを見せ おもてを見せてちるもみぢ」

これは先月の掲示板に住職が書いてたものです。

これが良寛さんの辞世の句とは知らなかったんです。

で知ったあとで、ウイキペディアを見たんです。

そうすると、なぜか良寛さんは寺をもたなかったようです。

調べたのはだいぶ前だが、そう、曹洞宗の僧だったと思う。G寺は日蓮宗だったと思うのだが。

この良寛さんは、子供と毬をついている印象が強いんです。なのに名を残しているんで、なんでかなと思うんですが、今もわからない。

辞世の句を詠む前に別な句を詠んでた。

それは思いを寄せる貞心尼が駆けつけてきたときらしい。

「いついつと待ちにし人はきたりけり いまはあひ見てなにかおもはむ」

なんだそうです。

このとき良寛さんは74歳。貞心尼は34歳だと。

これっていいよなぁ。

これにこのたぶん奇麗な貞心尼はやはり句で答えてる。

今のメールですます味のない現代とはまるで違うわけです。

「生き死にのさかひはなれてすむ身にも さらぬわかれのあるぞかなしき」

これなんです。

で、辞世の句となるわけです。

江戸時代の後期の時期です。

昭和、平成になっても人の思いは変わらない。

だが、その味わいは少なくなったかなとは思う。

だって、すべてスマホですます現代です。

想いを伝えようと思えば、けっこう苦労するはずですよ。簡単じゃないはず。

私まだ74歳にもなってない。さらにはスマホももってない。あ、だめだゎ。歌を作る能力がないゎ。

やっぱり良寛さんにはなれない。

たぶん良寛さんは言っている。

「あのなぁ、お気の毒だけど、執着心をはなれなさいって!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください