和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

茨木のりこさん

まだ、昨日の書類はでてこない。困っている。

今日、表彰される。場所はニューオータニの、鶴の間。いつもこんなとき鶴の間です。

来賓にえらい議員さん。

壇上にすわり、表彰受ける人よりおおきな、りっぱなリボンをしていました。

で、表彰式が終わり、懇親会(?)。昼から酒です。

そのとき記念品のJTBと印刷された包みを、旅行券か?と期待をもって開くと、なんと、JCBの商品券。二枚入っていました。

一枚が1,000円。あわせて2,000円。いや、感謝せなならんがな2,000円。開く前、女房と旅行できるでと知り合いに言ったのにこれだとJRで泊までしか往復できない。

  話は変わり                                                                                                    

昔三十数年前に茨木のりこさんの本を買いました。

そのとき載っていたのが

 [自分の感受性くらい ]                                                                                                 

ぱさぱさに乾いてゆく心を

人のせいにするな

みずから水やりを怠っておいて

                                                                          

以下続く‥‥。(ネット調べてください。載ってるから。)

                                                                                      

                                                                                             

最近ラジオで茨木ブームだというのです。

で、ネットみたら、いままで知らなかった詩、73歳の時の作品だそうです。が載っていました。

                                                                                     

   [椅りかからず] 

                                                                                   

もはや

できあいの思想には椅りかかりたくない

もはや

できあいの宗教には椅りかかりたくない

もはや

できあいの学問には椅りかかりたくない

もはや

いかなる権威にも椅りかかりたくない

ながく生きて

心底学んだのは それくらい

じぶんの耳目

じぶんの二本足のみで立っていて

なに不都合のことやある

椅りかかるとすれば

それは

椅子の背もたれだけ 

                                                                                                 

                                                                                                   やはり、いつまでも元気な作者です。覚悟ということでしょうか。

亡くなったときにも遺書もしたため終わっていて、一人で亡くなっていたそうです。

葬式は誰も呼ばなくいいとのことで、最後までこのひとらしさを感じます。

やたらあほな上から目線の人が 多い世の中ですが、この人はさっぱりしています。                                                                                  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください