和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

行く川のながれは絶えずして

 |  | 

                                                                      

                                                                       

                                                                       

                                                                       

                                                                               毎日がこうも暑くては、早く風呂にはいってさっぱりとしたいものです。

いつも耐水のラジオのスイッチを入れます。

先日のそのとき

「行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとどまることなし。‥‥」

と流れてきました。なぜかこの文章、ここまでは結構覚えていたのです。そしてその朗読を聴いていると、これがなかなかいいのです。

いや、高校の頃古文なんて、てんで駄目で、授業なんかぜんぜん面白くない。もちろん試験なんていいはずなし。

ところが、覚えがあるのです。

で、なんだったか?従然草 ?      あれは   つれずれなるまま  だぞ。   調べると 「方丈記」。

おお、そうだった。鴨長明さんだった。

下鴨神社の神主さんの家系だったのでは(?)、そうだとすると「みたらし団子」にも関係するぞ!と思いもよらぬことがらも‥‥。

                                                            

                                                              覚えてない次からの方丈記を、ながくは高校時代の古文の授業になりますので、少しだけ。

「世の中にある人とすみかと、またかくの如し。たましきの都の中に棟をならべいらかをあらそえる、たかきいやしき人のすまいは、代々を経て尽きせぬものなれど、これをまことかとたずぬれば、昔ありし家はまれなり。或いは去年焼けて今年作れリ、あるいは大家ほろびて小家となる。住む人もこれに同じ。所もかわらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二三十人が中に、わずかにひとりふたりなり。あしたに死し、ゆうべに生まるるならい、ただ水の泡にぞ似たりける。‥‥‥」です。

日本人の無常観です。しらず、歳とるたびに身についたものでしょう。                                                            

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください