和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

魚の目

 |  | 

魚の目ですよ。

このブログを見てる人は経験があるのかないのか?

ためしにネットで調べるとドイツでは、16世紀かな、鶏の目、鳥の目、死体の棘などと言ってたようです。

イギリスでは角。

どれもその雰囲気わかります。

我々黄色の人にも、黒人の人にも、そして、白人の人にも魚の目はできているんですよ。

人類共通の魚の目です。

ワシの場合、最近右足にできたんです。

これって足の裏の位置を説明しようとすると、なんとむずかしい。

その部位の言葉がないんです。

顔なんかだったらきっと説明は簡単だと思う。

まあ、顔に魚の目が出来る人はいないと思いますが。

足の裏は、どうも、世間からあまり注目をあびてはいないようです。

右足です。

隣り合って二つできたんですよ。

で、特効薬ともいえるスピール膏を小さく切って、一個目、二個目と張り替えていました。

大きく貼るのは怖いですよ。

で、何でか知らんが、一個目が、ほら、経験者は分ると思うが、皮が白くなってゴソっと取れる。

同じ処置をしてるのに隣の二個目は、これが、取れそうにない。

なんでだ?

仕方無しに、二個目には、やはり、スピール膏を貼り続けることになりました。

                                                                                   

で、その時に女将に見せてやりました。

「ほれ見い、これが魚の目だ~ぁぁぁぁ。」

「気持ちわる~。」

でした。

ところが、どうも最近ワシは魚の目と相性がいいらしい。

なんと次は左足。

右足と対象の同じ場所に小さな一個の魚の目。

「おーい、左足にも魚の目が出来たわいや。小さいのだけどなぁ、見てみぃや。」

こっからですよ。

「あれ?魚の目って一個でも出来るだか?私ぃ、二個出来るもんだと思ってた。」

えっ?

「なんで二個出来なぁいけんだいゃ?」

「だって魚の目だが。魚にはあたりまえで二つ目があるが。」

還暦を過ぎたいまやおばあさんの、世の中六十数年渡って来た、ましてや、独身の時は日赤病院に勤めていた経験があるのに、なんだ?

魚の目を知らない。

考えてみれば世間の目にもおおらかに関係が薄いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください