和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

awakura mura

 |  | 

                                                                                   

昨日は、ほんと。あくのある人に会いました。

そりゃあそうだわなぁ。

みんな経営者だもんなぁ。

いやはや、その奥さんは大変だワイ。

さて、きょうはこの前、日曜日に行った温泉です。

                      

                                                                                           

岡山県は粟倉村です。

ここに温泉がある。

有名でないのがありがたい。

それは山の中ですよ。

流れる川の水も透き通って、超きれい。

そんな処にある、民宿のような宿です。

橋を渡り少々坂になった駐車場に停めて、側の車庫。長靴履きでチェーンソーをつついている、どうもこの宿の人に、車のオートウインドゥを指一つで、これくらいに開けたら、言葉を、風呂のことを聞いてもいいだろう、くらいに開けて

「ここのお風呂、はいれますか?」と聞くと

「はいれますよ。」と客なれしない表情での答え。

これはいいぞ、と、期待しますです。

玄関はいろうとしたら、なんと自動ドア。オートドア。

これって弊店もつけていたことあるんですが、故障しやすいんです。

こんな山の中でも自動ドアですよ。

なんとかお客を呼ぼうと考えているんでしょう。

「あのー、こんちわ!‥‥。ごめん下さい!」

三度ほど声を掛けて、女将さんが出てきました。ちょっと安心して

「ここのお風呂はいれますか?」

「はい、はいれますよ。」

「いくらですか?」

「お一人500円です。」

                                                                             

内心「安いで」、と思いながら1,000円払い玄関を上がりました。

風呂の場所を聞き、誰もいない静かな廊下を通り風呂へ到着。

あたりまえですが、男女の風呂は別々で、どちらも人一人もいない。

「元湯」というんですよ。ここ。

商売下手なんですよ。弊店と同じ。

帰りの途中「黄金泉」というのがあるんですが、ここは土産も売っていて、いや、買いましたが、ここの風呂は800円。

けっこうな人の数ですよ。

                                                                   

で、「元湯」の風呂です。

きれい。

掃除もいきとどき、浴槽はでっかくはありませんが、十分な大きさで、とにかくきれい。

気持ちいいです。

少々硫黄の匂い。

貸切状態で大満足ですですですよ。ほんとですですよ。

まあ、ワシは人がいいからこうして人に教えるけど、ほんとはブログに載せたくない。

                                      

                       

                                                                           

女将はその帰りの道中

「今日は得したなぁ。あんたぁ、また来ようでなぁ。」

と化粧っけのない顔をしながら助手席で言ってました。

                                         

                                           

                     

                                                              

そうそう、帰りに元湯の前の橋を渡ろうとしてたとき、下のほうからBMWのバイクでサングラス皮ジャンのどうもおっさん。

愛車タントのミラーを見るに、そのBMWは橋を渡ってる。

「お風呂にはいりに来たんだでなぁ」と女将。

そりゃあここまで来たかいがあるで、と思ったんです。その人に‥‥

我々は道を下ってその黄金泉にある「そば、うどん」の店へはいっていたら、なんとこの皮じゃんが皮ジャン脱いだ姿で、どうも付いてきた。サングラスもないその顔がキョロキョロしてる。

人の良さそうな、善良なおじさんです。

会社の仕事は出来そう。かっては、どこか、ひょっとして一流企業の管理職風。

なんか、落ち着かないようすです。

                                                                     

で、ワシらと同じもんを注文するんですよ。無難な選択。どうもわれわれの注文品を見たのでしょう。

「そばと缶ビール!」

そばはわかるけど、通常菅ビールなんて注文するか?

ましてや、バイクだのに、、、、、、、、我々はノンアルコールのビールを買ってきてるんですよ。

これってきっと、このバイク旅は仕事を退職して、最後の頃の贅沢なんじゃないかと思いましたです。

大阪ナンバーのBMWのバイクにはナビが付いていました。ナイロン袋でおおってありました。

でなぁ、高いでこのバイク。

       

 一人旅 してみたがもう 帰りたい     鳥取人

もう一つ

 やっぱりなぁ おまえ無しでは 旅も無し

かな。

BMWが妙に目立つ人のいい皮ジャンライダーでした。

                   

ですかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください