和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

オランダ旅行⑪

 |  | 

先月の11日はアムステルダムにいたんです。一ヶ月経ったんですねぇ。

が、ブログはやっとオランダ三日目のケルンからさらにティルブルグから離れたオーバーヴェセルにワインを買いに行ったところです。

この日はオランダ旅行の日々の間でも一番長い距離を走ったのです。

800キロです。息子よほんとにありがとう。です。

さらに初体験があった。

この日だったと思うのだが、時速180キロも体験。まあ、アウトバーンだわなぁ。

やっぱりこれはこわいぞ。慣れるまでこわい。

まあ、アウトバーンだで。

また写真が多いから主なものも全部は載せれん。

このビルどう思います?

日本でこんな建て方するか?せんでなぁ。

地震がないっちゅうことだで。

いや、先を急ごう。ワインの村だで。

こんな天気だったのか、と思う。

水道かな?

結構なスピードで皆走ってる。この道路の働きはごっついとも思うが、ガソリンが命だで。

まあ、オランダにもロイヤルダッチシェルがあるわい。

貨物列車が運ぶのは、やはり、油だろうか。

この貨物列車が、とても長い。

道路治してた。ごっつい機械。

道路の上を走るボート。

キャンピングカーを引っ張ったり、ボート引っ張ったり、豊かですよ。

このあたりの国は。

だが、どうも金があるとか無いとかとは、どうもちょっとちがうようです。

風力も利用しとる。

日本はもっと考えよう。

身の回りから。

ケチ。いい意味でケチになろう。

もったいない。

という文化もあったはず。

水も、ティッシュペーパーも大切に使おう。

着いたでよ。オーバーヴェセルに。

静かな田舎町です。

城もあるでよ。

城はたくさんある。方々にあるんです。ライン川に沿うて次々とあるようです。

極めてきれい、住んでみたいと、思える静かな村です。

でも、あとでよ~く考えると、無理だと思う。

きれいだけど日本じゃないわい。文化、考え方がたぶん違うと思う。

旅人が、ああ綺麗と感じる。そんな浮気心かなと思います。

道路。

山の上まで葡萄畑。勤勉だと思う。

ヘリコプターで消毒してた。

そのワイン醸造所です。

そこの主人の人柄というか、優しそうで、勤勉で質素でと、いい顔してた。

ほんとに。

澄んでたと思う。

この時カメラに望遠をはめてたんで、アップしか、この室内の様子を撮れてないけど、よさは分かると思う。

贅沢ではないんですよ。どちらかといえば質素ですよ。

派手なところはない。

でもなぁ、掃除が行き届いているし、第一センスがいい。

皮張りの椅子でも、古いもので、皮にひびが少しはいってるんだけど、汚れてない。

きりがない。

ここで試飲も出来るようです。

息子からもらったワインはまだ冷蔵庫にはいってる。

神戸の妹たちが来るこの盆に飲もうと思ってる。

村の様子はあとで写真のみ載せます。

いいでしょ。

ここもいいでしょ。

ほら、これもいいで‥‥‥いや、、、こわいでしょ?

で、むらの様子もいいんです。

民家、駅、列車、教会、商店等まとめて⑫として載せます。画像をクリックして下さい。大きくなるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください