和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

朝の散歩・咲くか桜は。

 | ,  | 

まず5日の月。

満月、望月だと思う。カレンダーでは旧暦15日となっていた。

丸く輝いていたのでシャッターを押す。

で、今日。

久しぶりに朝青空を見る。

そして弊店の休みでもある。

で、散歩。

手袋しとけばよかったと思うくらいに結構寒いですよ。

4月も8日となれば散歩は袋川の桜土手ですよ。

だが、まだ、もう少しの感じ。

咲くのが毎年なのにみんなまた桜の花を待ちわびる。

この土手はごっつい長い桜並木です。

(そう、画像をクリックしてください。)

今日は日曜日。

花見は今日やっちゃわなぁ、との気持ちはよくわかる。

そしていい天気。

こんな親切な立て札もある。

ビール飲みゃあ、出るわな。

さらに若桜橋の少し上流のシティホテルの前の土手には一年中トイレ貸します。の立て札がある。

智頭橋の隣のきなんせ広場では桜祭りの二日目を待っている。

鳥取のメインストリートの若桜街道だぞ。

もっとも、そうなぁ、シャッターしまってるところもあるなぁ。

NHKの前のNTT。

今ではめずらしい公衆電話がある。

最近とんと見ないが、あまりにも少ない。

年寄りのことを考えると、ここまで少なくしたのは、いけません。です。

菩提寺です。

彼岸のときに活けた花をかたずけにいったのです。

この前も行ったがまだ綺麗な色をしていたので捨てなかった。

このお寺さんは良心的で助かります。

ひどいのは金、金、金の、まよえる欲のある檀家より欲深の寺も多いですよ。

えらそうなことを言葉では言う、そう、くそ坊主がけっこう多いですよ。

もちろん全部とは言いませんです。

このあたりは寺が多い。

まさしく寺町という。

面白さを求めて路地へ曲がると、そこでツバメ発見。

最初一羽かと思ったらさらに一羽。

夫婦だ。

人目はばからず短い営みをやりおった。

なにごとも、命あるものは、子孫繁栄の法則に動かされているもんだ。

私はもう、その法則は忘れて、、しまった。枯れる。あぁ。

浄土宗のお寺だ。

門。

木造。

神社には獅子があるが寺にもあった。

かっての神仏習合の影響か。

さらにこれはからす天狗にも似ている。

朝早く、どうも学校へ行く娘さん。

日曜日だで、今日は。

女将がおはようと声かけると、少しはにかんで、恥ずかしそうに同じく答えていた。

新町商店街。

アーケイドはきちんとしている。

でも、店はやめて車庫になっているところがけっこう見受けられる。

智頭街道です。

鳥取の主要な街道はすべて久松山が見える。

まあ、そりゃあそうだわなぁ。

武士が町わりをしたんだから、お城を中心に考えるのもあたりまえだ。

でも、旧市街の鳥取人にとっては象徴的な山ですよ。

ボタン屋さんで発見。

ボタンで作ってある。

四代目の住んでる裏庭の桜。

もうすぐ咲く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください