和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

三冊読んだ

 |  | 

会津に旅行に行く前に読んだのが「経済学は人々を幸福にしてきたか」宇沢弘文著です。

題のごとく経済学の本で、著者からいうと、たぶん簡単な文章なんでしょう。そういえばこの著者は鳥取県米子市の出身です。

読んでも面白くない。分からぬところがあるんです。はい。

アマゾンで中古本を購入したんですが、価格が安くなってない。たいしたもんだで。

さらに旅の前と後で読んだものに「今日本人に知ってもらいたいこと・昭和という時代を忘れた人々へ」金子兜太、半藤一利著があるんですが、これは面白かったです。

金子さんは陸軍の兵隊としてトラック島へ行かされ、何のことはない食料もなく芋を作ってた。なんて日本軍のバカらしさというのを経験した人です。

俳句の大先生でもあります。

半藤さんは戦争には出ていないものの、東京大空襲とかを体験した人で、その時代を色々本にしてます。

この二人の対談ですが、面白いです。実際に経験したことを話すわけだから、リアルですよ。

その中に俳句が紹介してあるんですが、記憶に残ってるのがあるんです。

「世の中は地獄の上の花見かな」一茶

これです。

それから同じく金子兜太さんの「俳句のつくり方が面白いほどわかる本」です。

別に俳句をつくろうとは思いませんが、この著者はどういう人なのかと、文庫本を買ってみたんです。

この人の本も価格が下がらない。人気があるようです。

で、今はまた宇沢弘文さんのものを読んでいます。

最後になって申し訳ないが、九州の雨。なんなんだ!?かなわんで。もう異常なんてことはウ

エザ―ニュースでも言わなくなった。云うのは早い非難を、との言葉。原因は温暖化だとすれば人間が招いたものだとすれば、なんとかせにやぁいけんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください