和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

蜩の他

 |  | 

 昨日は蜩でした。

で、○○蝉と言わぬのは、蜩だと記しましたが、つくつく法師もそうなんですよ。

ツクツクボーシ、ツクツクボーシと鳴くから名が付いた。

でも聞き方によってウォーシンツクツク、ウォーシンツクツク、ウィオース、ウィオース、ジーーーーとも聞こえます。とっ、このブログ目にすると、こんどからはウォーシンツクツク、ウォーシンツクツク、ウィオース、ウィオース、ジーーーーーーと聞こえるようになるでしょう。(カタカナ増えると読みづらいです)

なんて、記そうと思ってたのです。ところが、「つくつく法師」は「寒蝉」とも書くのです。ですから、△△蝉と書かないのはやはりヒグラシのみか?と思うのです。

話変わります。

 蝉の話です。本気にならず、まじめに聞いてください。

あの、芭蕉さんです。

立石寺で

   閑さや 岩にしみ入る 蝉の聲

と詠みました。昔私の妹が、季節、地理を考えて、この蝉は○○○蝉だと手紙を書いてくれたことがありましたが、どんな蝉だったか覚えていません。いや、まあ、そうではなくて、この岩にしみこんだ蝉の聲。ざっとその後も320年に及びます。

で、もし、大きなハンマーでこの岩をゴーンと叩いたら、蝉の聲がドヮーとでてくるのでしょうか?????(いや、ごめんなさい。笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください