和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

住民投票条例の否決

 |  | 

今日昼11時30分ごろNHKラジオで臨時ニュース。

住民投票条例が否決されたとのこと。

臨時ニュースですよ。

それだけ注目される事柄になってる証拠です。

実際片山総務大臣が米子で講演のおり住民投票条例にあえてふれています。

鳥取市、また市議会のありようにたいして極めて否定的な意見を述べています。

                                                               

さて、我々市民の単純で素朴な思いを考えてみると、、、です。

あるとき、誰か知らんが、

「なんと市役所が移転すっだてゃ。なんでだいや?どこにいゃ?」と思ったのが原点ですよ。

で、次々と分ってきたのが100億いるとか、建てかえ場所がまだきまらんような、しかし、あそこしかないだろうと最初から予想させるアンケートです。

「なんかおかしいで?」と感じた人が少数集まったようです。

それが「市庁舎新築移転を問う市民の会」というわけです。

いやぁ、素朴な感覚だと私は思うのです。

 で、「ちょっと待ていや。」と署名運動が始まるわけです。

その結果5万名を越える署名が集まるわけですが、さて、これに対して、市長も、多くの市議会議員も親切ではないですねぇ。

なにか、信じられない。

考えて見てください。

去年の11月でしたか、市議会選挙の折にどれだけ候補の車が回って来たか。

そして、立候補の理由が、明るい鳥取、元気な鳥取とか、まあ、よくある言葉ですよ。

                                                          

白い手袋はめて、スタッフジャンバーを着て、ニコニコとお願いしてたんです。

そう、2,000票あれば議員になれます。

2,000人ですよ。

身近な票数です。

顔も浮かべることができるでしょう。

で、今回の署名をした人は5万人の数からいってもさまざまな議員に投票してるものと思われるんですが、その人たちに議員として責任はないのか。

と、思うんですよ。

特に、否決した議員はその説明の義務があるんではないかと思うんです。

でないと職務怠慢ですよ。

そして、賛成の議員もそうだと思います。

やり方はなんぼでもある。

ブログ、ホームページ、ちらし等いろいろありますよ。

なんでせんのか?      わからん。

民主主義というのは、市民が中心ですよ。

市長でもない、議員でもない。市民ですよ。

何をするのも時間はかかる。

でもこの形を大切にしなければなりません。

                                                                                            

 新市庁舎が極めて必要ならその説明をすればいい。

もちろん鳥取の財政そのほかを含めてきちんとした説明です。

そして必要となればみんなで力をあわせて建てればいい。

なんでしないのか。

これでは積極的に署名をした人達、またそうでない普通の人達をも無視したかっこうになるんではないかと思います。

これって市民はずっと蚊帳の外ですよ。

そう、ガイナーレに対してのサッカー練習場もそうですよ。

土地供給公社の土地を利用するんですよねぇ。

18億だったかな。日本サッカー協会からの補助金もあるから鳥取市の負担は5億余り。

市民の生活考えるとちょっとなぁと思いますよ。

鳥取のサッカー関係者も知らんかったとのことです。

こんなのがすっくりと議会を通ってしまう。

そう、蚊帳の外です。                                                                                

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください