和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

鳥取新市庁舎建設

 |  | 

今日配達から帰った女将。スピード違反で捕まったとのこと。

19キロオーバー。罰金高いは。‥‥‥あほです。

知事と県会議員の選挙戦。

この寿町にも拡声機がやってきます。

みな名前の連呼。しかない。でも、そんなもんか。

                                                                       

先日元市会議員に質問しました。

「100億の庁舎建てる必要あるのかな?ましてや東北の地震で日本自体どれだけ費用がかかるかわからないときに、なんで建てなならんのかな?そこにはいる連中は地方では高給取りの連中だで。」

その答えに違和感。

「建てないけんと、思うで。だって司令塔だけなぁ。かかるもんはかかるけなぁ。」

あっさりといわれました。

この前には一票いれたけど、この人には次の票は入れない。

なぜかというに、市民の立場を代弁するのが議員と思ってた。どうも違う。

市民は蚊帳の外のようです。

                                                                                       

二日前ですか、知人が電話掛けてきた。

どう、書けばよいのかわからんが、

商工会議所のお偉いさんが利権をからめて建設の件で動いたとのこと。

これ、会議所ではもめているとのこと。真偽のほどは私にはわからん。

専務理事はどういっているのでしょう?

ジャーナリスト?鳥取のこの人たちはどう動くのか?

ほんとのとこはどうなのか?

                                                                                          

2月24日に会議所が市議長にそして市長に建設を申し入れたんですよね。

その後に地震の被害がテレビで流されてる最中に議会の委員会、そして議会も建設に賛成。

結果だけを知るのです。

えっ?って感じ。

あれ?市長も、議員も我々市民が選んだんだでなぁ。

我々の代表のはずだでなぁ。

                                                                                    

議会は行政に対してチェック機関のはずなのに、そんな風はみられない。

どうも根回しで最初から結論はでているのでないかと思ったりするのです。

議会でどんどん議論するべきですよ。

一部の議員のみが、まだ市民にこれが知らされてない、と反論したようですが、多勢に無勢。ふん。

で、なんで100億いるのか、鳥取の年間予算は確か800億。そんなこのまちで建物建てるのになんで100億なのか、どんな建物たてるのか、我々は知りません。

N議長はどう考えているのか。

なんとも‥‥。

議会はどうも生活者の味方ではないようです。

                                               

ここで思い出すのはかっての浄水場の問題です。

クリプトストルジウムが検出されたとのことで200億かけて浄水場を作ったのですよね。

で、確かに我々は膜ろ過の安心の水をのんでいるのですが、でもこの鳥取市には簡易水道がたくさんあるはず。

そこにはクリプトストリジウムはいないのでしょうか?ねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください