和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

クラフト in 八頭・一日目。

 |  | 

どこかへ出てみるというのは、なかなか、大切なことかもしれません。

実際に数十年前のお客さんが来てくれたりとか、さらにこのブログを見ているという方々(複数)に出会ったりとか、少し気持ちの世界が開けるようなことがあるもんです。

DSC_0009

さて、その出店したクラフト in 八頭です。

例年に無く入場者が多かったです。

これは4回目にして始めて実行委員会がチラシをうったんです。

これが効果大だったようです。

なんせ弊店では例年のことを考えて用意してた商品が午前中でなくなったんです。

あとは困りましたね。

DSC_0005

この催しのために準備した商品がなくなったんで、いや、これは、ここは遊びの世界と考えているので、その商品がなくなると、、、

面白くないです。

かといってすぐに準備できるものではなし。

DSC_0006

安価とはいえ、売れてしまったのは、喜んでいいのか、悪いのか、なんとも?

あれですよ、一番嬉しいのは、やはり、普段売っていないとはいえども、「おいしかったから、〇〇を下さい。」とのリピーターの言葉。

DSC_0007

これには、しかし、その期待に答えることができませんでした。

でも、まあ、昼食を食べて、あとは、出店のテントを見学となりました。

たいてい、焼き物と、木工が多いですねぇ。

DSC_0008

それでも、回ってみると、新しい人々がたくさんいますが、去年来ていた人の姿がないというのにも気がつきました。

人それぞれの都合があるんでしょう。

DSC_0010

一年に一度のちょっとおもしろい催しです。

いままで見たことのないクラフトをみることができるんです。

DSC_0011

初日の土曜日には四代目と出店。

DSC_0013

こんな掘り出し物もある。

ちょっと値がはるんで、買わないけども。

DSC_0015

トリピーも来てた。

このぬいぐるみの中にいる人は大変ですよ。

いくら太陽が出てないとはいえど、暑いですよ。

DSC_0016

とにかく駐車場もいっぱいでした。

おそらく一年に一度だけの竹林公園ではないでしょうか。

そう考えると、どんぐりさんはじめ、実行委員会のみなさんはよくやってます。

ずっと続けてほしいものです。

二日目へつづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください