和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

そばの花

 |  | 

秋の彼岸です。明日は中日。ばたばたとなにか忙しかった。やっと終わろうとしています。もっとも女将はまだ店で注文の進物をこさえています。

大阪地検の主任検事が証拠捏造。すごいです。むちゃくちゃ。戦時中の狂気の世界に後戻りでしょうか?よくぞ世間の表面に出たものです。よかった。権力とはこわいものです。

                                                                                                 

先週の金曜日、電話がありました。八東町の丹比に住むYさんからです。受けたのは女将です。

「そばの花が咲いたけ、見にこんだか?写真撮らんだか?」

「日曜でないと行けれん。摘んで来てえなぁ。」

「まだ摘むのはかわいそうだけぇ。」

若桜線のひとつの駅、無人駅の丹比駅があります。まさしく日本のふるさとといいましょうか、いい意味で田舎です。国道から曲がれば人の姿をほとんど見ません。静かです。落ち着きます。その近くにYさんは住んでいます。

打ち合わせ無しに夫婦で出かけました。いなかったらそばの花の写真を撮って帰ろうと、途中道の駅で手土産、白バラ乳業のコーヒー牛乳を3本買い、Yさんの工房(陶器を造っています)へ着きました。

次の20日も休みです。工房は鍵が閉まっていました。残念。

                                                                                                   

以前、かっての柿畑にそばを植えると聞いていたので、一面そばの花畑と頭に描いて来たのですが、そばがない。

でも、ここだぞと、かっての柿畑をながめ、見つけたのは女将でした。

ありました。残された柿の木のそば。小さな緑のかたまり。それがそばでした。

Yさんらしいです。ささやかでも思いはいっぱい。めずらしい赤い花のそばの花です。

                                                                                                 

これも以前聞いていましたが、裏の八東川が改修されていると聞いていました.いやあ、土手はなくなり、たしかに川幅は広がりましたが、どうなんでしょう?百年に一度の水害を防ぐことが出来るのでしょうか?そんな工事だったのでしょうか?????ふ~んです。

コーヒ牛乳も残るはあと一本。いつものようにYさん来るなら早く来ないとなくなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください