和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

 |  | 

秋のようです。

「因幡のくりまんじゅう」をたくさん作っています。

生ものもときどき作っています。画像は山茶花です。

そういえば先日広島の呉の「おばさまたち」が和菓子教室をやってほしいというので、この山茶花と型押しの紅葉を造りました。

みなさん超元気です。

鳥取の観光の一つとして楽しんでいただいたようです。

次は上用饅頭です。秋の山の色合いを表現したものです。実際はまだ緑の久松山ですが、和菓子は少し早く作るのを基本とします。

明日またくりまんじゅうの製造です。

いまに戒名も「作栗饅沢山」なんて文字を入れられるのではないかと、どうなんかな。

少し以前に作った柿を忘れてた

昔柿は医者いらずと言われたそうで、柿が成ると医者が青くなったとのこと。

だが、田舎では木になったまま採ることもなく、秋の色どりのみの柿もよく見られる。

本当は田舎の方が恵まれているのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください