和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

令和四年 元旦

 | , ,  | 

大みそかにはブログを書かなかった。

その日雪の中店は開けていました。

最後のころの来店客は、大学三年生とそのお母さんで、昔和菓子教室に来てた親子さんです。

幼稚園の頃から来てた。

時というのは経つものですねぇ。

私も高齢者ですよ。

(画像は初梅)

エネルギーがあればやりたいものです。

悪いけど、ないなぁ、今。

(若松)

ところで、年末に里帰りしていた長男一家は天候の関係で30日には帰り、かわりに妹が31日に里帰り。

我が家もけっこう出入りがあります。

(えくぼ)

大みそかは五時にて弊店でした。

暗くなると、雪もさることながら、寒いので人通りはまったくなくなります。

(丹頂)

で、五時閉店なんですが、終わるとなんか開放感を感じます。

あとは1月4日まで休みなんです。

(亀甲)

部屋へ帰ると、血圧測って、薬を飲んで、風呂へ入るんですが、一年で最後の風呂です。

あ~あ、極楽、極楽とばかりにしっかりとあったまりました。

次は糖抜きのビールを飲んで、見るともなしにテレビが点いてて、ウイスキーを飲んでるときに、

「そばを作んさいな。あんたぁ普段からじょうずなが。」と女将。

(干支、虎、芋餡で作る)

このお言葉には抵抗なぞ思いもよらぬことで、作らせていただきました。

そう、この正月、特別に書き加えておかねばならないのは、「黒豆」です。

これまで女将の実家の母親が作っていたのですが、もはや高齢にて体も自由にならず、今回から女将が作ることとなりました。

はい、大成功でした。

そして元旦は、なんもしてない。

おせち料理食べて、お屠蘇飲んで、テレビで映画見てただけ。

そんなこんなで、令和四年の元旦は夕方になりつつあります。

仕事しないと腰は楽です。

今日は早めに風呂を沸かして、お屠蘇の二番を飲むかな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください