和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

大型バスの停まる店

 | ,  | 

朝の散歩のときに昨日配達してなかった商品を持っていこうと、この日は鳥取駅が散歩の目的地となったのです。

ただしまっすぐには行かない。

楽しみながら、「ディスカバーとっとり」ですよ。

花時計です。

小学生がデザインしているそうです。

小学生、高校生。列車を利用する子供たちは早くから送ってもらったりして駅へやってきます。

大変だわい。

と、まあ、少しづつ暑くなってきたとはいうものの、無事散歩を続けたんです。

歩くと普段見てないものが見えたりするもんです。

この銅像は歩ってる。

横から見るとよくわかる。

かっ「てコウエイ」というお菓子やさんが建てたビルが見える。

有名ホテルです。

Mさんが勤めてる。

なんかよさそうな居酒屋さんです。

普通アサヒドライの看板が立ててあるのに、ここはキリン。

へつらわずにいいじゃないですか。

で、まあ、帰って来たんです。いつもと変わらずに。

電話があったのが午前10時20分くらいかな。

「△△観光ですが、これからそちらへ伺ってもよろしいでしょうか。お客様がそちらへよりたいとおっしゃってます。大型バスなんですが、通れますか。またお電話します。」

さらに

「これから砂の美術館を出てそちらへ向かいます。」

弊店は

「はぁ、だが大型バスの駐車所はありませんよ。いったい何人ほど降りてこられるんですか。」

「はい、28人です。」

「すわるところもありませんよ。」

「はい、わかってます。」

なんだぁこれは。と思いながら四代目を含め4人と大女将で待ったのです。

来た!エンジンの音。

大型バスですよ。見慣れたデザインの日本交通のオオガタバス。

店はいっぱい。

ましてや商品をそろえ、包装するのもてんてこ舞い。

たとえは悪いが大台風のようでした。

ありがたや。なんですよ。

ほんとに嵐のような時間でした。

関西弁がとびかい、始めはげんきなおばさんたちの波がきて、少しあとから酒のにおいもするおじさんたちの波。

ありがとうございました。です。

信じられない。何故弊店なのか。

奈良県の方々でした。

ほがらかないい人たちでした。

終わったあと、忙しさに顔を紅潮させたたおちゃんは若い。カメラを向けると笑ってた。

が、そうでないのもいる。

疲れきった女将だ。

普通の日ではなかった。初体験でした。

見出しは、そうなぁ。「大型バスが停まる店」より

「大型バスが停まった店」のほうが題名としては正確のようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください