和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

鳥取砂丘こどもの国春の和菓子教室

 | , ,  | 

(ブログへ画像を載せるのに対して一応断った方もありますが、そうでない方もあります。このブログに載るのがいやだという方はコメントへその旨おしらせください。ただちに削除いたします。)

昨日17日(日)は彼岸の入りだったんですよ。

だから本来日曜で店は休みなんですが、営業しました。

が、私と4代目はこどもの国へ「先生」として出かけました。

DSC_0025

その前に私はおはぎと桜餅をなんとか作って出かけたんです。

そうです「春の和菓子つくり」と称して和菓子教室です。

あぁ、もう一人一緒に行った姿の見えぬやつがいた。

腰痛君ですよ。

離れずにどこにでもついてくる。

DSC_0006

こどもたちは喜びました。

ただ、感じたことなんですが、男の子より女の子のほうが、なんか強いんじゃないかと、そんな気がする。

いつの頃からこうなったのか、昔からだったのか?かっては表面だけでも男が強かったような気がするんですけど。

DSC_0010

みんな出来上がったときに、すごく喜ぶんですよ。

こりゃあ、たまらんですわい。

だったらもっと弊店の売り上げがあがってもいいのですが、どうも、大人になったら和菓子への関心が無くなるのか、いけんわい。

DSC_0011

花粉症の四代目もやってますで。

予定の昼の時間を過ぎ、冷たい弁当を食べて、また、間もなく午後の時間となりました。

この日は天気もよくたくさんの親子が入場してきたんです。

DSC_0017

腰のだるさも忘れんばかりに熱心に「指導」しましたです。

おかあさんとも問答しながら普段は愛想がないといわれてるこの職人がにこやかに頑張りました。

DSC_0019

だがこの間にも腰痛君はちょうど虫歯菌のように休まずに私の体を侵略していたようです。

いざ帰るとなって気持ちが落ちたら、急に腰痛君が主張し始めました。

DSC_0026

まあ、なんとか四代目の力を借りてやってきましたです。

夜、風呂でゆっくり温めたが、う~ん、、なかなかですわい。

疲れても楽しい和菓子作りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください