和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

中秋の名月〈続き〉

 | , ,  | 

名月は見えなかった21日ですが、彼岸の中日(秋分の日)には色々商品もそろえておかねばなりません。

近頃作ったものを載せておきましょう。

名月用の生ものもあるんだけど手が回らない。

で、これは重陽花です。菊ですねぇ。9月9日は重陽の節句なんです。9の数字は最高の数字で、これが9月9日と重なるから縁起がいいとか?詳しいことは調べて下さい。

「山の実り」です。

国産の栗を使っているんで原料が高いんです。

なのに今年さらに価格があがるとのこと。

どうなってるのか?

で、まつたけ。

ほんもののまつたけは豊作だそうな。

値段が下がったとのことですが、やっぱり庶民には高いですよ。

さて22日のことなんです。

仕事も終わり、食事もすませ、暗くなった夜空を見上げると・・・・!

月!

雲もなく、南にはっきりとした星一つと共に東へ丸い月が出てる。

満月の一日あとということはまん丸が掛けているのか?

一日分欠けたって知れたもんだろう!

で、撮ったんだ。

三脚持ってないからぶれないよう柱に体ごめぴったりと付けて、シャッター押した。

パソコンに入れて少し大きくしてみると????

こころもちかけているかな?てな感じ。

まぁ、だいぶ気はすんだ。

そして23日は彼岸の中日です。

朝からおはぎを作りました。

作るだけ。

一個も食べてない。

さらに仕事の合間に急いで女将と墓参りに行きました。

墓の中のご先祖様たちははたして喜んだであろうか?なんにも言わない。

なんとかかんとかいうのはお坊さんたちかな。

しっかりとその日風呂で腰を温めたが、どうも。腰痛はさらない。

そういえばこれから来月中、普段行く鹿野温泉の日帰り入浴は半額となるんだ。

二人で520円だで。

ノンアルコールのビールも味が増すんじゃないかな。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください