和菓子と餅のことなら鳥取市のホテイ堂へ。謹製御菓子・季節の菓子・御引菓子を紹介します。

店舗補佐多織の婚礼菓子

 |  | 

今日も暑い。おまけに雨が降り湿った空気。

そんな中紅白まんじゅうの蒸し物でした。

暑い暑い。

そんな工場で明日に自らの結婚式を控えて、やっと完成の声を聞く婚礼菓子の作業が終わりました。

                                       

初めて一人で企画、製作にあたったわけです。

一生に一度の菓子です。

そりゃあ自分で造れるなんてしあわせなことですよ。

                        

                        

                          

                               

                                                                             

完成近くなると知らず知らず自然に嬉しいもんです。

考えてたものが実際に姿を現すわけですから。

                     

桐箱一段目。                                                          

いろいろこの一箱には変遷がありましたが、決まったのがこの形です。

中央は練切のいさみ鯛。

右上は浮島の生地でもみじを現し、左上は雪平で梅。

右下は羊羹押し餡台で桔梗が二輪。

そのバックにかくし松。

左下はきんとんで栗。

小さな笹をそえました。

今の季節と、めでたい鯛と、松竹梅を一箱にこめたものです。

                                              

桐箱下二段目は左上に寒氷を造り、あとはふだん店で販売している干菓子を詰め合わせました。

                            

                                

                                

                                                 

で、桐箱二段婚礼菓子多織バージョンの完成です。

さてこれをご覧になている方々はどう思われるのか。

あと掛紙ですがはこれは女将の担当でまだしてない。

まだ時間がかかるのでまた画像を載せます。

                                               

                                                          

                                                                   

虫の音聞こえる午後8時前です涼しさも感じられる時間ですよ。

さて、出来ました。

うーん。画像ではもう少し色が出てないかもしれない。

紫で、けっこうしぶい色合いです。

たおちゃんもそれなりの歳かなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください